メモる

メモる、って大事だなー、と。最近思うのよね。
みんなふらっと、さらっといいこと言ってたりするのよ。
一刹那のナイスアイデアってパッと思いついて次の刹那にはすっかり忘れてる。これ、ってほんともったいないから、誰かといるときにスマホ触るのはちょっと気がひけるけど、「メモるから」って言っておけばオーケー。
たとえ役に立たなくてもふとしたアイデアの倉庫としておけばなんの問題もなし。

特に酒飲んでるときなんてみんな好んでアホになってるんだからね。あとで精査すればよし。きっと何かアイデアが膨らんでくるはずである。
しかも酒呑んでる時のほうが、昔思いついたいいアイデアとか思い出したりしてかなりいいのよ。これがまた。

だからメモは超大事だね。
バカだから忘れるからね。

[PR]
# by agakun1 | 2017-01-09 17:56 | 僕の哲学。 | Comments(0)

待ちに待った2017年がやってきました。今年の目標をば。

「2017年がやってきた。待ちに待った未来がやってきたぜ。」

とはよく言ったものでして、そうです。THE R.O.Xの僕らが描いたノーヒューチャーの歌詞です。
ちゃんとやらないとあかんなあ、と。思ってます。
仕事も、活動面も。今年は渋谷クアトロ以上に勝負の年なんだなあ、と感じています。


●酒
皆さんいつも本当に旨い酒と美味しい料理をありがとうございます。
カネも活動で来年はかなり使うと思うので
「呑むときゃとことん倒れるまで呑む」
これで行きます。散財禁止。
用賀に気楽に行ける行きつけのお店ほしいんだよね。
なぜか活動範囲内で用賀だけにはないのよね。


●音楽
・ブルースハープ練習!!!
ギター上手い人っていくらでもいるんだよね。特にこんなクズみたいなギター弾く俺にとっては今からやっても間に合わないような気がしてきた。だからこれ。
ブルースハープの名手になりたい。吹いてて楽しいんだよね。
いままで適当にやっててまあまあそれっぽくできてたから教則本かって年末からマジ練習してます。
頑張るぞー!

・ギター練習!!!
ギター・ボーカルだからな!基礎練しかしてないけど基礎練こそ大事。
作曲してるときめちゃめちゃ弾いててすごい練習になるんだよね。
練習嫌いだけど作曲好きだからこれは一石二鳥だ。→作曲しよう。


・歌練習!!!
これはなー。もうちょっとだけ高い声だせたらなあ、と。
表現力はソロライブで磨きたいね。

・ソロライブ
「ソロよりバンドのほうがいいんだよね」ってのはあんまよくないよね。
もちろん修行と思ってやってるけど、ちゃんとソロはソロで面白さを見出したい、と思っている。
新宿JAMとか。フォーク好きだからな、俺。

・今年の一大イベント
ちょっとまっててね。近日発表します。


●映画
・去年と同じ200本だな。
目標は劇場50、自宅150。できれば300本やりたいけど
これやったらほかできなくなるからアベレージキープで。
ただ、本数が全て、ではないよ。濃度だよ。映画は。

・Cinema de Guingetteの復活
映画上映を金払って集客して、って楽しかったけど本当に大変だった。
今年やるよ。ギャンゲットのみなさんも俺もお客さんも楽しめる、絶対に。
なぜならコンセプトが最高だもん。
「ゲラゲラ笑って突っ込んで見れて酒も飯も食いながら見れる俺たちの映画館」
これ最高以上何者でもない。俺はこの素晴らしさを信じたいね。

・映画部
作りました。みんなでアーダコーダ言いながら集まる部活です。
部員募集中。(男子来てくれ。女子ばっかできまずい)


●学ぶ
・本を一ヶ月3冊
この10年位ロックと映画に傾倒してたから本読もうと思った。
もともと小説家目指してたくらい好きだったんだからね。

・仕事
これはまあ、学びます。あんまね。仕事のこと語ると面白くないからね。


●忘れてた趣味
・イラスト
昔イラストレーターで奈良美智さんの店でグループ展やってたんだった
まじ忘れてた。まあ、趣味復活レベルでやります

・野球
来年はけっこう見ようと思っている

●会いたい人と会いたい
・大事だよね−、これ。会いたい人会いたいもん。

こんな感じ!
今年も頑張るぞー!
[PR]
# by agakun1 | 2017-01-03 01:17 | 僕の哲学。 | Comments(0)

2017年待ちに待った未来がまたやってくる。

「年が明けるのは素晴らしいわ。だってすべてをやり直せるもの」

「フォレスト・ガンプ」、観ました? 両足を失ったダン中尉がホテルに娼婦を呼んでやさぐれるシーン。
その娼婦がふっと放ったこの一言。忘れられないんだよね。

ご名答。この言葉は嘘偽りなし。年が明ける、ということは本当に素晴らしいことだ。
年末って好き。行き交う人々が目に見えてわかるくらいにバタバタなぜか忙しそうに歩いてて、
「あと●日で新年だ」なんて思いながら、
今年やり残したことを考えたり、今年を振り返ったり、酒呑んだり、ワイワイガヤガヤ。
例外もなくこの俺もこうして今年を振り返ってバタバタしている。
来週には普通に働いているのに愛おしいものとして時をすごす。
まあ、毎年のことだけど年が明けるとほんとになんもなくてつまんない。

気は持ちよう、年が明けると新たな気持で、とほんとに感じる。
誕生日より年が明けたほうが気持ちが引き締まる。

今年はどうだったかな。怪我したり病気したりムカついたりしたけど、まあ、総じて言うと「いい年」だったかな、と。
来年への布石もたくさんできた。以下なんとなく振り返る。

●THE R.O.X & Gently Weeps Band
新体制としてメンバー1人、他は流動的なサポート、とした。
バンド名もTHE R.O.X & Gently Weeps Bandになった。
永遠にバンドを続けるため。一生音楽を愛するための俺の結論がこれ。
メンバーも増えた。たくさん酒のんだ。たくさん遊んだ。みんな大好きである。

10月に今年最大のイベント、クラブエイジアでもやった。
毎日毎日暑苦しい文章を書いて、毎日毎日みんなに来てもらえるように努力した。企画をやるようになって4年。努力は惜しまない。そりゃ後悔はある。後悔だらけだ。ただ、悔しいからもっとやりたくなった。
信じて来てくれた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

「でも楽しかった」、そう思えた。本当に楽しくて嬉しくて幸せだった。
少しは君の世界を変えられたかな?
来年は今年を越す、クアトロを越すほどのことをする予定だ。
今から制作に取り掛かっている。
楽しみにしててくれると嬉しいです。


●映画
たくさん観た。こんなに観たの大学生以来。
映画に対する愛は今、人生で一番高い。
ANDYのお陰だ。本当に感謝している。
今年は渋谷ギャンゲット・バイ・モジャで映画のイベントを作った。大変なことも多いけど、夢の映画館を作れて、すごく幸せな気持ちになった。今はおやすみ中だけど来年春、復活させます。
みんなで楽しく映画観たい。映画みんなみようぜ。超楽しいよ。
映画でも音楽でもなにかが「好きだ」という気持ちは本当に大事なことだ。
なんでもいいと思う。「コーラ好き」とかでもいい。熱狂的に好きな気持は必ずなにかが待っている。
なんかそう感じた。


●用賀サマーフェスティバル
近所の若者たちとも遊びまくってた。本番に行けなかったのが悔いがある。来年だ。必ず。
故郷への思いは更に増した。みんな来年もよろしくね。


●来年
書いてて疲れたから来年の目標とかは新年に書こ。

2017年がやってくる
待ちに待った未来がやってくる
僕らが描いたノーヒューチャー
でもニューヨークシティはもうこない。

それではみなさん、良いお年を。
さあ、今年も残り24時間切るぞ。ワクワクするねえ〜。
毎日こういうテンションだったら疲れちゃうけど楽しいね。

来年のことを言えば鬼が笑う、そうかい、別にいいぜ、いくらでも笑ってくれ。
いい年になりそうな予感が今からする。

きっと来年はもっといい年だ!
否、もっといい年にするぜ!

[PR]
# by agakun1 | 2016-12-30 23:07 | THE R.O.X | Comments(0)

映画鑑賞記録96~163本

書かないよりましなので書く!
適当だけど!一気に97本目~161本目まで!いってみようか!

97.TED 71点
おもしろいねー。かなり。いいよ。


98.ザ・コミットメンツ 73点
バンド映画にはとどまらないほどの楽曲のクオリティ高し。



99.26
世紀少年 69点
こんなふざけた邦題つけんな。馬鹿が支配する未来の話。面白かったよ。


100.それでも僕はやってない 84点
秀逸、という言葉がよく似合う良作。
取材力然り、演出然り、すべてがすごいの一言。



101.
フロム・ダスク・ティル・ドーン 78点
ロバートロドリゲス、およびジョージクルーニーの出世作。
むっちゃくちゃだけどいいんだよねー。おもしろいよね、


102.ゾンビーバー 42点
狙ったB級感があんますきじゃなかった。まあ、いいんだけど。


103.夢売る二人 71点
松たか子ってのはほんと名優だよな~。つくづくいい女優。


104.さくらん 58点
うーーん。映像はいいけど話がないなあー。


!!!ここから私立探偵濱マイクシリーズ!!!

ドラマ版なんだけど、1時間短編、すべて35mmフィルム撮影、
話ごとに監督脚本も違う、これは映画と認識してよいだろう。

105.
私立探偵 濱マイク 1 31→1の寓話」
106.私立探偵 濱マイク 2話「歌姫」

107.私立探偵 濱マイク 3 「どこか遠くへ」

108.私立探偵 濱マイク 4 「サクラサクトキ」

109.私立探偵 濱マイク 5 「花」

110.私立探偵 濱マイク 6 「名前のない森」

111.私立探偵 濱マイク 5 「花」

111.私立探偵 濱マイク 7 「私生活」directed by 岩松了

112.私立探偵濱マイク 8 「時間よ止まれ。君は美しい」

113.私立探偵濱マイク 9 MISTER NIPPON21世紀の男」directed by 中島哲也

114.私立探偵濱マイク 10話「1分間700円」

115.私立探偵濱マイク 11 「女と男、男と女」directed by アレックスコックス

116.私立探偵浜マイク 12 「ビターズエンド」directed by 利重剛


すべて総じて90点とします。
もうね、マイクかっこよすぎ。映像も世界観もすべて好き。


117.ONE PIECE
劇場版 エピソードオブチョッパー+冬に咲く奇跡の桜 21点
作画がひどすぎる。やる気あんのかよ制作陣。
あとセリフもなんかコマ回しがわるいのもあるかもだけどしらける。
原作台無し。


118.GONIN directed by 石井隆 58点
たけしかっこよかた。さすが。


119.イグジットスルーザギフトショップ directed by バンクシー
上映するので事前にみた。またcinema復活させないとね。


120.SMOKE 81点
今、ガーデンシネマで再上映してるからいかないと!


120.イグジットスルーザギフトショップ directed by バンクシー
またみた。


121.ロックンロールハイスクール 99点
人生で2番目に好きな映画だ。誕生日にこれ観た。俺のルーツ。


122.月世界旅行 測定不能
上映するので見た。


123.パーフェクトワールド 77点
イーストウッド、ほんとにかっこいいんだよね。銃をもったら右に出るものいないよ。


124.超高速!参覲交代  61点
続編もあるのよね。観ようかな。
でも「映画でやる意味」ってあったのかなあ?そういう作品多いよね


125.ファントムオブザパラダイス 83点
自宅DVD鑑賞。たまらないよね。なにもかもロックミュージカル最高だぜ。


126.恋人たち 65点
昨年の話題作。たしかにこれは面白いね。


127.サイタマノラッパー 78点

前からみたいなーって思ってた。観た。最高。
こういうのは刺さるよ。


128.
ビフォアミッドナイト 69点
やっと観た。会話こそ最高のエンターテイメントなのじゃないかな、とこのシリーズをみると思う。


129.サイタマノラッパー2  79点
山田真歩が最高だった。2が一番好きかなー。シリーズ通すと。


130.花とアリス  78点
やはりこういうのは好きである。間違いないよね。
あと蒼井優が踊ると一瞬時間止まる。すごいこだよ蒼井優。


131.ゴーストバスターズ 70点
ひさびさに見た。続編みてねええええ。観ないと


132.私立探偵濱マイク 9 MISTER NIPPON21世紀の男」
またみました。


133.パーマネント野ばら 62点
最後のどんでん返し系とつゆ知らずみた。
でもちょっと読めた。へへへ。


134.さよなら歌舞伎町 52点
最後、前田敦子が泣きながら歌う。このシーンが忘れられない。
他はなんかなあ、って感じだった。
前田敦子は思ったよりでてない、とかね。ちょっとそういうの嫌いなんだよね。
ただラストシーンはよかった。


135.花とアリス殺人事件 71点
間違いないですね。こういうのはやはり。花とアリス、続編でないかなー。


136.ノーディレクションホーム 64点
おめでとうディラン。ノーベル賞受賞の日に見た。長いけど、ディランの性格の悪さがにじみ出てて面白いよ。


137.苦役列車 76点
森山ってのは大したやつだなあ。あの表情とか。なんなんだあいつは。


138.キャデラックレコード 69点
アンディにもらったDVD観た。また観るよ。


139.
炎の少女チャーリー 68点
スティーブンキングってこういうの好きだよな。
頭から最後まで逃げまくってスリリング。面白いよ。


140.アパートメント 81点
完璧なまでの脚本だわ。びっくりした。
勧めたくなるね。


141.
クロニクル 66点
この短さで完結してるから時間以上に見ごたえあった。


142.ロッキーホラーピクチャーショー 86点
フランク博士みたいな圧倒的な映画のアイコンを作ったのはマジですごい。
大好きロッキーホラーピクチャーショー。行こうよ深夜の二本立て。


143.狂い咲きサンダーロード
名作中の名作。だよね。
石井監督、ありがとうございます。


144.トイ・ストーリー 62点
甥っ子とみた。
甥っ子の映画処女奪ってやったわ!!!!フハハハハハハ!


145.そこのみにて光輝く 68点
ここはやはり池脇千鶴、かな。ほんまもんの頃から好きでした。


146.リップヴァンウィンクルの花嫁 89点
今年のぬかデミー賞ノミネート作品ですね。
マジレスは次回します。


147.
ナイトメアビフォアクリスマス 66点
クリスマスなんで観た。


148.もらとりあむタマ子 61点
前田敦子に現在注目している。


149.エレクトリックドラゴン80000V 70点
何も考えないで観れる。
永瀬と浅野忠信の夢の競演。興奮。


150.バードマン あるいは無知がもたらす奇跡 68点
去年のオスカー?だっけ?
これはブラックコメディだね。


151.百万円と苦中虫 58点
蒼井優いいよね。


152.八月の鯨 77点
ババアしか出ない映画でこんな面白いなんてすごいよね。
渋谷の八月の鯨いきたいなー。


153.罪とか罰とか 51点
ケラの舞台を映画化。ぬーん、、、て感じだなあ。


154.ハイ・フィデリティ 71点
ジョンキューザックならこれが一番好き。
面白いよねー。



155.ONE PIECE FILM Z 54点
まあ、ワンピースだったね。
 


156.リリイシュシュのすべて 79点
頭がグラングランする映画。ほんとグラングランする。


157.パーティー7 83点
好きだなー。クールでスタイリッシュで。


158.バタリアン 51点
師走オブ・ザ・デッド、スタート


159.海街diary 68点
広瀬すずってのはすごいよな。


だんだん適当になってきた。


160.バタリアン2
師走オブ・ザ・デッド第二弾


161.ミュータントタートルズ 54点
おいおい、ありえねーだろまあいいや映画だからってのが
80%占めてた。まあいいや楽しめたから。


162.戦場のメリークリスマス 80点
好きなんだよね。毎年クリスマスに見てる。自宅DVD。
特に今年はね、ボウイが死んだし、ね。


163.サイタマノラッパー3 70点
やっと3観た。マイティ馬鹿だなあー。
定番となった最後のラップシーンは胸熱。


適当だけどとりあえずこんな感じだ。
自宅で163本。劇場40本。
合わせて203本。まあまあだ。

来年もたくさん観るぞー!





[PR]
# by agakun1 | 2016-12-28 22:37 | 映画みまくる | Comments(0)

適当に2016年の社会を振り返る33歳。

今年のトピックでも振り返ってツッコミ入れてみようかな。
 
●ベッキー&ゲスの極まった人 不倫騒動
これは100対0でベッキーが悪い。当たり前だ。
「ゲスの極み」と元々名乗っている男を好きになるなんて愚か以外何者でもない。
殺人鬼のいる小屋に飛び込むようなもの。ライオンの檻に無防備に入るようなもの。
戦火のアフガニスタンに観光に行くようなものである。
元々男は、「ゲスの極み」なんだから不倫なんて朝飯前だろ。
馬鹿だなぁベッキーちゃん。
 
 
●清原 覚せい剤でパクられる。
ガキの頃のヒーローが駄目だよこんなことしちゃ。ヒーローはヒーローじゃないと駄目。
野球と飯食うことと息を吸うこと以外なんもんできない単なる馬鹿だった。ショック。

 
 
●SMAP解散問題
2015年の俺がもし今の俺に「なんかおもしろいことある?2016年」って聞いたら
「SMAP解散したよ」って答える。世の中何が起きるかわからないもんだね。
 
 
●トランプ当選
「トランプは悪の大王です」っていう報道多すぎじゃね?
ちょっと偏りすぎだろ。
 
 
●イギリスEU離脱
難しいよなーこの問題。抜けても抜けなくても地獄だもんなー。
思い切ったよね英国。英国なだけあって英断。はっはっは。
 
 
●電通 社員自殺
可哀想に電通。そもそも電通に発注するクライアントにも問題あるよな。
言われたらやるしかないでしょ。
結局「そういう習慣」になっちゃってる業界全体の問題だよこれ。
やり玉にあげられてっからな。どんまい電通。
 
 
●熊本震災
被災された皆さまにお見舞い申し上げます。
地震は本当に怖いね。防災大事だよ。仕事で防災イベントやってるけど。
 
 
●オバマ広島訪問
歴史的瞬間だ。震えた。
 
 
●舛添解任、小池知事 爆誕
舛添も運が悪いよな。みんなやってんのに。
しかしわざわざやめさせなくても、なんて思ってたけど、
小池のババアの名君っぷりといったら。
素晴らしいババアだ。英断すぎる。いい加減すぎる都政をぶった切ってくれたわ。
ババア最高。リスペクト。総理大臣になってほしい。
 
 
●広島セ・リーグ制覇、黒田引退
巨人ファンだけど今年は広島に譲ります。おめでとう。
黒田はすごいねえ。2000年代なら最強の右腕だね。ほんと。
しかし、巨人はふざけてるなー。情けなさすぎる。
お前ら全員(菅野と坂本以外)頭丸めて反省しろ。
 
 
●イチロー、メジャー通算3000本安打達成&日米通算4257安打達成
ほんとうにうれしかった。イチローおめでとう。ずっとファンです。
日米通算についてはいろいろあるだろうけど、
もうみんなわかってるはずだ、イチローが人類最高の安打製造機だってことをね。
 
 
●台風
台風多かったね、今年。やだねえ。
 
 
●こち亀 最終回
もとからほんとにたまにしか読んでなかったからあんまり寂しくないや。
しかし今のジャンプやばいね。危機だよ。危機。
 
 
●ポケモンGO
世界は2016年7月20日を境に一変したよね。
世界変えたよ。すごいね。ポケモンGO
 
 
●リオ五輪
結局ほとんど観なかった。特になし。
 
 
●ボブディランノーベル文学賞受賞
「受け取らないのがカッコいい」とか好き勝手なこと言うなよ。
別にいいじゃん。もらったって。
そもそもディラン、反戦歌手じゃないからね。
そう言われてるのはファンが勝手に決めただけ。
裏切りの王者をなめてもらっちゃ困るよ。
 
 
●東京デザインウィーク火災
こんなこと二度と起きませんように。
 
 
●訃報
・デビッドボウイ
信じられない。大好きでした。今でも大好きです。
 
・プリンス
これはびっくりしたよ。プリンスって隠れスーパーギタリストなんやで。
スーパースター、って言葉がよく似合うヒーローだった。
 
・レオンラッセル
クラプトン好きにはお馴染みですよね。ロックスターがどんどん死ぬなあ。
 
・永六輔
永さんもなー、亡くなっちゃったねー。
 
・フィデルカストロ
フィデルも死んだなー。またキューバ行きたい。
キューバの未来が心配だ。ほんとうに。
 
 
 
こんな感じか。
来年はさすがに新聞でも読むか、俺もいい歳だしな。

[PR]
# by agakun1 | 2016-12-16 00:22 | 小話。 | Comments(0)

ヒューガルデン呑みながらボブディランとジャクソンブラウンと映画。

ロマンチズムとか人の意志を継ぐこととか生きることとか考えた夜だった。命はあっけなく無くなる。あっという間に。後悔したってキリがない。死んだ人は二度と返ってこない。なら、アンディが観たかった映画とか、ローリングストーンズのニューアルバムとか今、俺がここに立っていて聴ける喜び。それが人の意志を継ぐってことなんじゃないかな、と思います。
今、ジャクソンブラウンのロードアウト&ステイ聴いてます。最高だよね、最高。あなたを生涯忘れない。
君と俺は生涯の友だ。またね。

[PR]
# by agakun1 | 2016-12-02 00:52 | Comments(0)

拝啓 映画の師、アンディ 殿

d0022465_00414662.jpg


拝啓  アンディ殿

アンディさんが亡くなってから今日で一年ですね。

あなたがいない世界は、

映画の話ができる人が少ないのでつまんないです。
あれから一年経ってるけど、

俺はまだまだ未熟です。ほんのに全然です。

本当はかっこつけて今日までに

全力の弔いを込めて300本観ようと決めてたんだけど、
いろいろあって192本になっちゃいました。

まあ、年内200本は行くと思う。
中にはアンディさんが好きじゃない映画も

あると思うけど、

アンディさん、あんたに192本の映画捧ぐよ。


あなたに会えて本当によかった。


1.リベンジマッチ


2.アンダーグラウンド


3.電エース


4.テルマエロマエⅡ


5.キングスマン


6.シザーハンズ


7.エターナルサンシャイン


8.レニングラードカウボーイズ・ゴー・アメリカ


9.インファナルアフェア1


10.ロッキー・ザ・ファイナル


11.アイアムサム


12.ジョニーデスティニー


13.ミッドナイトインパリ


14.ガーディアンズオブギャラクシー


15.東京タワー


16.地球防衛未亡人


17.ショーンオブザデッド


18.私立探偵 濱マイク 我が人生最悪の時


19.私立探偵 濱マイク 遥かな時代の階段を


20.私立探偵 濱マイク THE TRAP


21.DUNE 砂の惑星


22.土竜の唄


23.ドラゴンタトゥーの女


24. E.T


25. ナイトオブザ リビングデッド


26.ドーンオブザデッド(ゾンビ)


27.ランドオブザデッド


28.ダイアリーオブザデッド


29.サバイバルオブザデッド


30.ドーンオブザデッド(リメイク)


31.宇宙人ポール


32.七人のおたく


33.タクシードライバー


34.マッドマックス3 サンダードーム


35.ワールズ・エンド


36.ジャッキーブラウン


37.バトルロワイアル


38.MONSTERZ


39.マイブルーベリーナイツ


40.俺俺


41.チョコレートファイター


42.鮫肌男と桃尻女


43.スティング


44.フランシス・ハ


45.カンフーパンダ


46.カンフーパンダ2


47.五線譜のラブレター


48.中学生円山


49.エイリアンvs.ニンジャ


50.イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ


51.ガチボーイ


52.フラッシュゴードン


53.東京難民


54.ホットファズ


55.アントマン


56.ジャッジ!


57.フラッシュバックメモリーズ


58.マンオブスティール


59.白雪姫殺人事件


60.星くず兄弟の伝説


61.男はソレを我慢できない


62.ウォームボディーズ


63.シュレック


64.ションベンライダー


65.ローリングサンダー


66.トレインスポッティング


67.小野寺の弟 小野寺の姉


68.シュレック2


69.ディナーラッシュ


70.チャイナタウン


71.バンクシー世界お騒がせ人間図鑑


72.シュレック3


73.シュレック フォーエバー


74.ヘアスプレー


75.まほろ駅前狂騒曲


76.ザバースデー


77.インスタント沼


78.ドリームガールズ


79.グランドブタペストホテル


80.ローマの休日


81.風と共に散る


82.オズの魔法使


83.白痴


84.スクールオブロック


85.ゴッドファーザーpart 1


86.ゴッドファーザーpart 2


87.ゴッドファーザーpart 3


88.インザプール


89.がんばれ!ベアーズ!


90.ONCE ダブリンの街角で


91.ショーンオブザデッド


92.スーパーバッド


93.ホットファズ(今年2回目)


94.マイティーソー~ダークワールド~


95.ドラゴンボール エボリューション


96.スマグラー


97.TED


98.ザ・コミットメンツ


99.26世紀少年


100.それでも僕はやってない


101.フロムダスクティルドーン


102.ゾンビーバー


103.夢売る二人


104.さくらん


105.私立探偵 濱マイク

1 31→1の寓話」


106.私立探偵 濱マイク 

2話「歌姫」


107.私立探偵 濱マイク

3 「どこか遠くへ」


108.私立探偵 濱マイク

4 「サクラサクトキ」


109.私立探偵 濱マイク 

5 「花」


110.私立探偵 濱マイク 

6 「名前のない森」


111.私立探偵 濱マイク

5 「花」


111.私立探偵 濱マイク

7 「私生活」


112.私立探偵濱マイク 

8 「時間よ止まれ。君は美しい」


113.私立探偵濱マイク

9 MISTER NIPPON21世紀の男」


114.私立探偵濱マイク

10話「1分間700円」


115.私立探偵濱マイク

11 「女と男、男と女」


116.私立探偵浜マイク

12 「ビターズエンド」


117.ONE PIECE

エピソードオブチョッパー+冬に咲く奇跡の桜


118.GONIN


119.イグジットスルーザギフトショップ


120.SMOKE


120.イグジットスルーザギフトショップ


121.ロックンロールハイスクール


122.月世界旅行


123.パーフェクトワールド


124.超高速!参覲交代


125.ファントムオブザパラダイス


126,恋人たち


127.サイタマノラッパー


128.ビフォアミッドナイト


129.サイタマノラッパー2


130.花とアリス


131.ゴーストバスターズ


132.私立探偵濱マイク 

9 MISTER NIPPON21世紀の男」


133.パーマネント野ばら


134.さよなら歌舞伎町


135.花とアリス殺人事件


136.ノーディレクションホーム


137.苦役列車


138.キャデラックレコード


139.炎の少女チャーリー


140.アパートメント


141.クロニクル


142.ロッキーホラーピクチャーショー


143.狂い咲きサンダーロード


144.トイストーリー


145.そこのみにて光輝く


146.リップヴァンウィンクルの花嫁


147.ナイトメアビフォアクリスマス


148.もらとりあむタマ子


149.エレクトリックドラゴン80000V


150.バードマン あるいは無知がもたらす奇跡


151.百万円と苦中虫


152.八月の鯨


153.罪とか罰とか


154.ハイ・フィデリティ


155.ONE PIECE FILM Z


155.インファナルフェア2


156.インファナルフェア3


157.リリィシュシュのすべて






劇場


1.クリード チャンプを継ぐ男


2.蜃気楼の舟


3.アンダーグラウンド 

@ウンザ!ウンザ!クストリッツァ!


4.ヘイトフルエイト


5.The Film Show TOMATO KINO O


6.バットマンvs.スーパーマン ~ジャスティスの誕生~


7.バンクシーダズニューヨーク


8.ミラクルニール


9.Dont Look Back


10.鉄コン筋クリート

@『鉄コン筋クリートと4°C』


11.音響生命体ノイズマン

@『鉄コン筋クリートと4°C』


12.Genius Party BEYOND

@『鉄コン筋クリートと4°C』


13.MIND GAME

@『鉄コン筋クリートと4°C』


14.キャプテンアメリカ シヴィルウォー


15.アイアムアヒーロー


16.デッドプール


17.TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ


18.インディペンデンスデイ リサージェンス


19.イグジットスルーザギフトショップ

@シネマドギャンゲット


20.シングストリート


21.シン・ゴジラ


22.月世界旅行

@シネマドギャンゲット


22.君の名は


23.スーサイドスクアッド


24.怒り


25.タクシードライバー

@良音映画祭


26.星くず兄弟の伝説

@観ずに死ねるかシネマ


27.料理人ガストンアクリオ 

@シネマドギャンゲット


28.グッバイサマー


29.オーバーフェンス


30.湯を沸かすほどの熱い愛


31.俺たち文化系プロレスDDT

@東京国際映画祭


32.星くず兄弟の新たな伝説

@東京国際映画祭


33.変態だ

@東京国際映画祭


34.この世界の片隅に


35.プロジェクトA

来年もたくさんみます。
あと、いろいろ頑張ります。見ててください。

では。

Love, 額賀 一


少しでも知ってる方、一緒に偲びましょう。


[PR]
# by agakun1 | 2016-12-01 00:29 | 小話。 | Comments(2)

2016年映画鑑賞記録【劇場編】16~30本目

劇場編16~30本目まで!行ってみよう!

16.デッドプール directed by ティム・ミラー 84

待ちに待ったデッドプール!これは「つまらないわけがなかった」ヒーロー映画の常識を破る映画。アンチヒーロー映画として、MARVELの単発映画ではこれが一番面白かった。次点アントマン、その次ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、ってとこだ。はやくアベンジャーズに参加してほしいけど、デッドプールってXmen側なんだよね。大人の事情で参加できるかは不明だけど、ここはひとつ、ファンの希望をかなえてくださいよマーベルさん。


17.TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ directed by 宮藤官九郎 81

宮藤官九郎の映画は実は全部見てることにきずいた。好きならしい。ロックとバカの映画なんてそりゃ俺にはもってこいの映画である。クドカンの映画って最初はすんげー面白いけど、最後の方はただバカ騒ぎして尻すぼんでいくのが多かったけど、この映画は最後まで十分に楽しませてくれた。長瀬はほんとうにいい役者だ。ただ、クライマックスをもっと膨らませてほしかった。まあいいけど。


18.インディペンデンスデイ リサージェンス directed by ローランド・エメリッヒ 18

もうね、ほんと最高によくできた予告編を見て、わくわく止まんなかったのに

よくも裏切ってくれましたよコイツ。予告編の出来なら100点満点。本編最悪。

一番楽しみにしてた破壊シーンとか予告編で全部見せてたのかよ・・・・。

俺の映画の見方って、期待に応えるか応えないか、ってとこなんですよ。

つまんなそうな映画もつまんなそうだな、っていう期待があるから、つまんなくてもよかったのであって。「21世紀のVFXの技術を使ってインデペンデンスデイ作ったら絶対に面白い」って期待を見事に裏切ってくれました。ストーリーも観たかった「強いアメリカ」「WE ARE No.1」っていうアメリカナイズが観たかったのに・・・。馬鹿だなあアメリカ、ってのがこの映画の一番いいところなはずなのに、、、全くない・・・・。なにが恐ろしいって続編がありそうなところ。やめとけよ。次は観ないよ・・・・。


19.イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ@シネマドギャンゲット directed by バンクシー

いよいよ始まった映画館企画。自主で公開してやりました。

月一はちょっと大変なので来年からまた始めます。映画好き冥利につきますよ、ほんと、この企画。


20.シング・ストリート directed by ジョン・カーニー 94

2016年劇場公開作品で暫定No.2,少年だから持っているあの衝動、青春時代の美しさ、もろさ、無謀さ、全てが詰まっている。すばらしい。「ああああ!かっこつけてぇええ!」「なんかいろいろめんどくせえ」というティーンズ独特の空気感があふれんばかりの衝動で再現されている。子どものころから仲良かったあいつと、もう一度会ってこの映画を観たくなった。DVDなったら絶対に買う。手元に置いておきたい。監督、素晴らしい映画をありがとうございます。


21.シン・ゴジラ directed by 庵野秀明 77

話題のシン・ゴジラ当然観ました。予告編見たときから、これはやばそうだ、と思ってた。ゴジラと言えば平成ゴジラシリーズ「モスラ」「キングギドラ」等、観てまして、ゲームとかもやってて懐かしいなあ、と。観に行ったら全然違うのね。主役は政府。ゴジラは人類の脅威。これは個人的な意見なんだけど、なんでも震災に絡めるのはあんまり好きじゃないんだよね、あと庵野監督はすぐに謎の伏線メッセージとか好きでラストシーンもいかにもネットで騒ぎそうなシーンがあったんだけど、「そういうのゴジラにいらない」ってのが思うところ。子どもでも楽しめる映画がゴジラだと思ってます。

とは言いつつも、ドラマとしてものすごく面白かった。


22.月世界旅行@シネマドギャンゲット directedby ジョルジュ・メリエス

メリエスが夢見た月の世界。116年前に作られたたった15分の宇旅行。

夢しかない。それだけでいい。自主上映するとまたこの映画に対する愛が深まるってもんだ。


22.君の名は diredcted by 新海誠 74

2016年の最大のヒット作。青春ラブコメ、っていうものは個人的にすごく好きなので面白かった。甘酸っぱかった。

売れてるものに非難したい、とかそういうのではないんだけど、

非の打ち所がないストーリーだし、映像もものすごくきれいだし、「完璧」といえば「完璧」な映画だった。

けど、俺は「時をかける少女」の方が面白かったと思う。ストーリーも、話の展開も。

これは完全に趣味の範囲なので、意見として、です。好きな人怒らないでね。


23.スーサイド・スクアッド directed by デビッドエアー 23

これもインデペンデンスデイと同じ。よくできた予告編・・・。DCコミックスの映画ってどうも駄目だなあ・・・。バットマンVSスーパーマンも期待以上ではなかったしなあ・・・。この映画何がだめって、「悪役の集まりがチームを組んだアンチヒーローアウトローチームの結成」のはずなのに、「あんまり悪役感がない」「単なるヒーローの集まり」じゃあそりゃつまらないよ。折角最強にパンチのあるハーレークインなんてぶっ飛びキャラがいて、ジャレッド・レトの新ジョーカーもいい感じですごくよかったのに・・・。脚本がまじで最低。適当すぎだろ・・・。あと音楽も誰でも知ってるロックミュージックかければいいってもんじゃないのでは・・・。きっと続編ができそうだけど、辞めといたほうがいいと思う・・・。


24.怒り directed by 李相日 81

李相日監督の作品と言えば妻夫木と深津絵里の悪人やら、同じく妻夫木くんの「69」やらフラガールやら、と名作揃い。今回も「悪人」に続く吉田修一の「怒り」。

出演する役者も日本の名優達のオンパレード。なんて豪華なんでしょう、ほくほくで観に行きました。

今回はその中でも広瀬すず、ってすげえんだな、と、やられました。

いや、最近やたら出てて単なるアイドルかと思ってたんですけど、すごいわ。すごい。

ストーリーは超ざっくりいうと3つのストーリーの中の一人が殺人犯、って話なんですけどつまんなく言うと3つのうち2つがどうでもいい話ってことになる(観客がもっとも興味を示すところで考えると)っと聞くとあれですけど他の二つの話もいろいろあります、愛とか疑うとか信じる、とか。詳細は他のレビューサイトでどうぞ。とりあえず広瀬すず、すごかった。


25.タクシードライバー @立川シネマシティ「良音映画祭」directed by マーティン・スコセッシ

永遠の名作ですね。シネマシティの超良音で観れて本当によかった。

映画界で一番狂った悪のヒーローはトラヴィス・ビックルだぜ。


26.星くず兄弟の伝説@テアトル新宿「観ずに死ねるかシネマ」directed by 手塚眞

この一年は星くず兄弟に思いを馳せました。特別な気持ちがこの映画にはやはりあります。
今年はさらにそれが深まりました。永遠。


27.料理人ガストン・アクリオ美食を超えた美味しい革命 @シネマドギャンゲット directed by パトリシア・ペレズ 70

この手のドキュメンタリー映画って観ると疲れちゃう、って思ってたけど、

編集がいいのかテンポがいいのかあっという間に見終わってしまった。

これがまたレストランで観るってとこがまた良かったよ。来年からまた始めますね。シネマド。


28.グッバイサマーdirected by ミシェル・ゴンドリー 84

ミシェルゴンドリ―と言えば、映像美。エターナルサンシャインや各種MVをはじめいくつもの素晴らしい映像作品を残してきてくれた俺も大好きな監督である。ってことで今回はそんなゴンドリー監督の青春ロードムービーが新作なんて聞けばそれは行くわ。インディーズ感のある映像、独特の音楽センスですっかり自分が登場人物の一人かと思うくらい入ってしまった。すごくよかった。もう一回みたい。


29.オーバーフェンス directed by 山下敦弘 71点

佐藤泰志、函館3部作の最終章。ダメ人間withアンダーグラウンドジャパンの最終章である。オダジョーのダメ人間がはまりすぎである。そこのみにて、の綾野剛もよかったが。このなんでもない日常にある日突然起こるちょっとした奇跡と、逃げたくても絶対に逃げられない現実、という邦画ならではの面白さ、ってここにあると思うんだよね。だからこういうのすごく好き。最後もよかったし。あと「花とアリス」の時もそうだったけど蒼井優が踊ると見入ちゃうよね。


30.湯を沸かすほどの熱い愛 directed by 中野量太 68点

「病気モノ映画」ってのは昔から観客を泣かせにかかってるからまず泣くことはない。

って思ってました。泣きませんでした。が、すごく良い話すぎだった。

ただ、です。いい話すぎるいい話が2時間の中に何個も詰まりすぎていて、ちょっと疲れる。これ、ストーリー減らすか、3時間にするかのどちらかにした方がいい気が・・・。

2時間で短いいい話が何個も続くと・・・。とは言いたくなったけどすごくいい映画です。

2016年「母親と観れる映画NO.1」賞を授与します。




年末だ!映画どんどん観るぞー!だれか面白い映画を教えてください。


[PR]
# by agakun1 | 2016-11-25 23:45 | 映画みまくる | Comments(0)

2016年映画記録その71~96本

ぜんっぜんレビューできてない!
ここは開き直って書かないよりましなので
適当に点数とコメント書きたいやつだけ書こうと思う。
だって、今日書くのだけでもGWまでだよ。


71.
バンクシー世界お騒がせ人間図鑑  63点
バンクシーのショートフィルム、くすりと笑う意地悪企画の総集編。くだらない。


72.
シュレック3 62点 
73. シュレックフォーエバー 68点

シュレックシリーズ全制覇してやったわ。


74. ヘアスプレー 80点
ミュージカル映画ってほんと面白いよね。


75.まほろ駅前狂騒曲  69点



76.
ザ・バースデー(手塚眞) 70点
奇作だった。さすが手塚さん。

77.インスタント沼 89点
何度見ても面白い。ほんと最高。麻生久美子。


78.ドリームガールズ 68点


79.グランドブタペストホテル 74点



80.
ローマの休日 90点
永遠に色あせないよね。



ここから怒涛のGW映画週間→

81.風と共に散る 63点


82.
オズの魔法使 61点

83.白痴 71点


84.
スクール・オブ・ロック 92点
興奮する。最高。

85.ゴッドファーザーpart 1 88点

86.ゴッドファーザーpart 2 82点

87.ゴッドファーザーpart 3 57点
怒涛の9時間連続でシリーズ全制覇してやった。
(3はなくてもいいと思う)


88.インザプール 61点
奥田英朗全部読んでたことに気付く。


89.がんばれ!ベアーズ! 70点
なんか好きなんだよね。何でもない話なんだけど。



ここから4本はGW企画、「ぬカレー映画祭@我が家」
90.ONCE
ダブリンの街角で@ぬカレー映画祭 81点

91.ショーンオブザデッド(今年2回目)@ぬカレー映画祭 88点

92.スーパー・バッド@ぬカレー映画祭 81点

93.ホットファズ(今年2回目)@ぬカレー映画祭 84点




94.
マイティーソー~ダークワールド~ 56点

見てなかった。これで全部アベンジャーズシリーズ制覇だぜ。
でもこれはあんま面白くなかった。


95.ドラゴンボール
エボリューション 1点
公開日に並んで観に行った記憶がよみがえった。
時間を返してほしかった。



96.
スマグラー 41点
あんま痛いのは好きじゃないですね。
永瀬正敏が出てたからみたんだけどさ。

以上2016年GW。

11/2時点で映画館で観たのいれたら186本。
全部書くぞー(適当に)
※やっぱ映画は見終わった後にレビューしないとね。


[PR]
# by agakun1 | 2016-11-02 20:16 | 映画みまくる | Comments(0)

人生でやらなくてもいいことこそ尊きもの。

俺の人生の80パーセントくらいはやんなくてもいいことだらけだ。
自分が主役のイベントなんてやらなくていい
映画上映会なんてやらなくてもいきていける
だが、やればやるほどやってよかったと思うのである。
これが不思議と。
だんだんテキトーになってきた。
明日ちゃんとかこ。

眠い。寝る。

[PR]
# by agakun1 | 2016-09-29 02:17 | 僕の哲学。 | Comments(0)

俺にとっての「世界を変える」とは、どういう意味なのか、マジレスしてみるの会。

d0022465_23411380.jpg

全ては「好きなこと、楽しいこと」ということなのではないか、と、思う。
たとえ話としてはよく言うけど、例えば近所に好きなコーヒー屋さんができて、この店のコーヒーマジうまいからまたこよー。ってことです。
つまり、あ、なんかこれよかった、これ好きだなー、ってことって十分、君の世界って変わってると思うんですよね。恋愛なんていい例で、誰か好きになっちゃったらそりゃその日から全く世界かわっちゃうよね。あとなんだろ、
友達と朝まで飲んで楽しかったー!よっしゃー!明日も頑張るぞー!あいつが頑張ってるなら俺だって!とかもそうだよね、世界かわってんじゃん、完全に。

だから何か掴めた、何か超楽しかった、マジで衝撃受けた、って言う単純なことを、カッコつけて大げさに言えば世界は変わっている。世界を変える、って簡単なんですよ。
世界を変える、っていったもん勝ちだ。
言ってたらすっかり俺の人生のテーマになっちゃった。

そもそも言うなら「世界を変える」って言葉を言い出した時点で、俺の世界は変わっているんです。

だから、俺がわけわかんねーことしてるけど、無茶することはなにも間違ってない、やりたいことやる、ってのは死ぬほど大変だけど、絶対に間違ってない、と思います。

すげー小心者ですけど勇気はあるつもりです。
それは周りの人がおもしろがってくれるから、勇気をもらっているから、頑張れるんです。いつも勇気をくれてありがとう。烏滸がましいお話ですが、
みんなの勇気になれたら本当に本望です。

これも全てロックンロールが俺の世界を全くもって変えてくれやがったせいです。お前のせいだ、ロックンロール。ロックンロールってやつは、憧れのロックスターってやつは(俺ならビートルズ)、むしろ音楽ってやつは勝手に俺たちに夢みさせといて、あとはポイだ。勝手にやれ、と言っている。

それでも俺たちはやつらにすがる、ロックンロール(音楽)は救いの神だ。

ってことです。俺が思う
「世界を変える」ということは。



これをみんな思ったらほんとに世界は変わるかもしれない。俺は本気でそう思っている。

よろしくお願い致します。

[PR]
# by agakun1 | 2016-09-28 01:10 | 僕の哲学。 | Comments(0)

なぜこんなに熱烈に宣伝しまくるか、というと。

見てもらいたいから。
この一言に尽きる。
ではなぜみてもらいたいかと言うと、

見てもらわないとやってる意味がないから

これもこの一言であろう。
だいたい音楽やってるやつらってのは人にチヤホヤ、あーだこーだ言われてなんぼの世界。中には批判もあるだろう、説教だってあるだろう。
それもこれも全て含めても、

見てもらわないと全く意味がない。

表現活動全般に言えるのではないか?これは。当たり前である。どんないい曲作ったって、聞いてもらえたのが数名じゃ俺はやだ。沢山の人に沢山聞いてもらいたい。当たり前である。もちろん数名の人に何回も聞いてもらえるような名曲もあるだろうが、俺の場合ワガママなので沢山の人に何回も沢山聞いてもらいたいです。そのための努力はしています。
ウザいくらい宣伝してます。個人メール送った皆さんすみません。ライブの時しか連絡してこないなんてなんて俺はダメなやつなんだ、と思います。すみません。のみいきましょう。
毎年恒例だから行くつもりだった、とか、もちろん行くよ、とか、すでに予定入ってたよ、なんて言ってくれた皆様、本当に嬉しいです。
そう言ってくれるから毎年企画をやってるんだなぁ、と励みになっています。本当にありがとうございます。ありがとうございます。
でも来てくれた皆さんは毎年楽しかった、だと言ってくれます。これはよちろんお世辞もあるでしょうが、本当に楽しんでくれた人だって多いはずです。自信あります。だから毎年やってるんです。自信がないとやるわけないです。

だからなにがいいたいんや、ガクガ?っていったらもうこの一言。

10月15日はクラブエイジアに来てください。お願いします。
土曜日の貴重なお時間、申し訳ありませんがそのお時間を俺にください。

です。何卒何卒よろしくお願い致します。
d0022465_22324520.jpg




[PR]
# by agakun1 | 2016-09-26 22:19 | Comments(0)

2016映画観賞記録【劇場編】1〜14本目

更新忘れてた!!!
劇場編です。とりあえずGWくらいまで!

1.    クリード チャンプを継ぐ男 directed by ライアンクーグラ 93点

2016年元旦、毎年元旦は映画館に行くと決めているので早速観賞。前の年からこの新年に見るために取っておいた作品。ロッキーシリーズの続編である。何をかくそう、私、映画好きを名乗っておいてロッキーシリーズがどの作品よりも好きなのである。この作品は「ファンだから」ということを差し引いても良作に値する。まず、ファンにはたまらない1へのオマージュは当然のことだが、「人の心が燃える瞬間」というものを的確についてくる。詳しく書くとネタバレになってしまうので詳細はやめておきます。何がいいか、ってこれ、ロッキーが主役じゃないところが良かったんです。主人公はクリード、あくまでクリードなのです。男は時に自分が男で生まれてきて良かった、と思う瞬間がわかる映画があってもいいと思う。それがこの作品「クリード」。

 
 
 

2.蜃気楼の舟 directed by 竹馬靖具 59点

アップリンク特有のインディペンデント映画を観賞。日本のインディペンデント作品特有の世界観って本当こういう感じだよね。昔アップリンクやオーディトリウムで観まくった記憶が蘇った。ただ、その世界観は少し伝わりづらいこと山の如し、だった。

 
 
 

3.アンダーグラウンド directed by エミールクリストリッツァ (1995

@ウンザ!ウンザ!クストリッツァ! 98点

恵比寿で開催していたエミールクストリッツァ特集の最終日に駆け込む。

アンダーグラウンドはDVDも持ってるし永遠のアンセム映画だから、特に多くはここでは書かないけど、やはりラストシーンは何度見ても心が揺さぶられる。

 
 

4.ヘイトフルエイト directed by クエンティンタランティーノ 81

待ちに待ったタランティーノ監督の最新作。バイオレンス、異常なまでの膨大なセリフ量、レザアボアドッグスを彷彿されるシチュエーション、まさにタランティーノらしいタランティーノの作品だった。サミュエルL・ジャクソンは毎回本当にいい悪役を演じてくれる。期待通りの良作。

 

5.The Film Show TOMATO KINO O directed by THE TOMATO PROJECT 66点

イギリスのデザイン集団、TOMATO PROJECTのエキシビジョンが開催されていたのでホクホクしながら行ってきました。開催記念にシネクイントではTOMATO PROJECTの作品が詰まった映画が公開してたのでこちらもホクホクしながら観賞。まあこんなとこですね。

 
 

6.バットマンvs.スーパーマン 〜ジャスティスの誕生〜directed by ザックスナイダー 71

!!!今年は対決が熱い!!!ってことで待ちに待った好カード、バットマンVSスーパーマン。またの名をコスプレ金持ちVS変態全身タイル宇宙人。またの名をバットマン虐殺映画。しかもザックスナイダーが監督と聞いてこれはもう絶対にくだらないと思い観賞。確かにくだらなかった。それは認める。だがもっと脚本どうにかできなかったのか???この前見たスーサイドスクアッドもそうだけどDCコミックの映画ってなんでこんなに脚本が適当なんだ・・・?

 
 

7.バンクシーダズニューヨーク directed by クリスモーカーベル 71

俺たちは全て、奴の手のひらの上で動いている。バンクシーの壮大なる遊びに付き合わされているだけなのである。バンクシーの「悪ふざけ」は世界を変えている。本当にすごい奴である。憎たらしい奴である。そして、クールでスタイリッシュでかっこいい。

 

8.ミラクルニール directed by 88

サイモン・ ペッグ主演×モンティ・パイソンが監督×ロビン・ウィリアムズ声出演 奇跡の共演!なんて聞いたら行くしかねーだろ!って行きました。久々だったなー、劇場が爆笑の嵐に包まれてたの。ほんと面白かった。マジで超笑った。

ロビンウィリアムズの最後の仕事が犬の声出演ってとこもポイント量面白かった。

 

9.Dont Look Back  directed by DA・ペネベイカー 69点

若き日のディランのドキュメンタリー、ディランは歯に衣着せぬ発言、言いたい放題で自分勝手。マスコミを煙に巻いて喜ぶ吟遊詩人。数日後、オーチャードホールでディランを見た。かっこよかった。この映画の注目は最後のシーン。ディランの

 

ここから池袋文芸座オールナイトイベント『鉄コン筋クリートと4°C』4本立て。

10.鉄コン筋クリートdirected by マイケルアリアス

11.音響生命体ノイズマン directed by 森本晃司

12.Genius Party BEYOND directed by 福島敦子 他6名

13.MIND GAME directed by 湯浅政明

青春時代に読んでいた松本大洋の鉄コン筋クリート、日本のアニメ業界を支えるStudio 4℃のイベントがオールナイトであったので参加。久々のオールナイト上映イベントの参加とあってワクワクでした。鉄コンのメッセージは若いと影響されるよね、ホント。名作。

  

14.キャプテンアメリカ シヴィルウォー directed by アンソニー・ルッソ

ジョー・ルッソ 82点

上述、オールナイトイベント明けに朝8時半に観賞。間違えてとってしまったので眠い目をこすりながら見ましたが、、、、、、はっきり言って全く眠くならなかった。それくらい面白かった。カネのかかった東映ヒーロー祭り。お気に入りはアントマンですね。スカッとした!すげースカッっとした。心からスカッとできた。


どんどんレビューしていきます!



[PR]
# by agakun1 | 2016-09-25 21:59 | 映画みまくる | Comments(0)

はしご酒1〜9軒目 「友の死」



あれから3ヶ月が経った。
ついに額賀先生の連載が再開。

d0022465_23473336.jpg



前回までのあらすじ
昨日まで単なる大学生だった石川。友達も多いし女の子とも遊ぶことも多い、
いわゆる普通のリア充大学生だった。
しかし目が覚めるとすべてが変わっていた・・・!
ベッドから起きるとそこには田村の変わり果てた姿が。
田村の左手人差し指で書かれた血糊のダイイングメッセージ、

「小田に気を付けろ」
誰だよ小田って。
そして石川は20年前のあの凄惨な事件を思い出す。
生き別れた妹。父親の真実。
変わり果てた田村の姿。
今、石川の激動の人生が始まろうとしている・・・・・!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



というわけで「はしご酒20軒」第二話です。だいぶ時間が経ってしまいました。
イベントというものは新鮮さが命。
さすがイベント屋です。鏡です。

待ってる人お待たせしました。大して待ってない人、読んでください。

んじゃ。行ってみようかー、って馬鹿5人がいった一軒目は

一軒目:「キリンシティ渋谷桜が丘店」14時10分 位
喫茶店感覚でノーチャージ500円からおいしいビールがのめる良チェーン、
キリンシティで記念すべき一杯目、カンパーーーーーイ!

d0022465_23455447.jpg



まだ陽気な馬鹿共。
この日荻田と田村とははじめまして。
俺「おぎちゃんは呑めるのかな?」
荻田「大丈夫っすよ、俺、この日のために仕上げてきましたから。楽勝っすよ」
頼もしい男である。



二軒目:「Filels」 14時45分 位
二件目。貸し切りが15時だったので15分で飲むことに。カンパーイ!
ラムコークをぐいっとのみあげてやりました。帰りに石川が店員をナンパしてた。スミに置けないやつである。(俺はできない)



三軒目:「タートルバーガー」15:02位
桜が丘の坂をちょいとあがったらみたこともないハンバーガー屋があったので
ビールを注文。なぜか550円の生を500円にしてくれた。ありがとうおっちゃん・・・・!
でも・・・・・・・・・・!

d0022465_23462123.jpg



生がでけえよ!!!
ありがたい。ありがたいよ。有難迷惑なんていわないよ。
おっちゃんありがとう。ちょっと酔っぱらってきたよ。
金井の様子がおかしくなってきた
金井「あ、あああ酔っぱらってきましたよ俺ぇ。酔っぱらってきましたよお、俺」
荻田、石川、田村は平常運転である。
荻田「ま、俺、きょうのために仕上げてきましたから」
頼もしい男である。




nt size="5">四軒目:「THE MEAT & LABORATORY」15時30分 位
折角だから観光みたいなのすっかー、ってことでヒカリエへ。
明らかに酔っぱらってるのは俺たちだけである。
ここで6人目の魂の戦士、池野辺が合流。
はい!かんぱーい!!!

あれ?あれ?あれ?金井?金井?
おい!しっかりしろよ!はええ。金井が死んだ・・・・・。
っと・・・・・思ったら帰り際起きた。あーよかった。でもこいつあと16軒ももつのかぁ?




5軒目:「すしざんまい」17時 位
ヒカリエの隣にすしざんまいがあったからすぐにIN。
寿司食いながらハイボール呑んでやったわ。今日は俺、大丈夫そうだ。幹事の意地である。




6軒目:「ブラッセルズ大手町店」18時位
友人のスイングサバスがライブするってーから、みんなでいかない?って言ったら
快くついてきてくれました。みんなありがとう。
ってことで生演奏聞きながらビール飲みました。(あとあと考えるとここのビールが一番美味しかった)
スイングサバスのたじみーん、こばやしくーん、あべしー、ありがとー!!!
(金井が危険だ)

d0022465_2347281.jpg





7軒目:「銀だこハイボール渋谷南店」19時位
ちょっとおなか減ったから銀だこでハイボールのみながらぷっはーと呑んでやったわ。
ちょっと酔っぱらってきた。





8軒目:「ふじまさんち」19時30分位(だんだん適当になってきた)
のんべえ横丁に突入。別に行きつけがあるわけじゃないけど適当に入った。
6人入っていっぱいのお店。いい感じである。






9軒目:「なんて店だっけ?」20時10分 位
のんべえ横丁2軒目。お通しが750円って入った後きずいたんだけど
店長に20軒はしごしてるっていったらチャージなしにしてくれた(泣)
わかってらっしゃる。さすがだなあ。いいお店だ。またいこ。






ってここで金井が死んだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
かと思いきや、



あれ?荻田?荻ちゃん?はっはっは、なにふざけてるんだよ?寝たふりなんてやめろよ。
荻ちゃん?荻田?おい!え?!嘘だろ!荻たぁああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!




「俺大丈夫っすよ、この日のために仕上げてきましたから。楽勝っすよ」


おい!荻田!しっかりしろ!うそだろ!?なあ!なあ!



「俺大丈夫っすよ、この日のために仕上げてきましたから。楽勝っすよ」



おい!荻田!!!!!!!!!!!!!荻田っ!!!!!!!!!
荻田ぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





2016年3月13日土曜日
死亡推定時刻およそ20時45分荻田巧 死亡。享年28歳





俺は思い出した。そうか、そういうことか。
ホラー映画でいきがってるやつは絶対に死ぬという法則を。
これは現実でもそうだったんだ。そうか、死ぬんだ。いきがってるやつは。

「俺大丈夫っすよ、この日のために仕上げてきましたから。楽勝っすよ」



さようなら荻田。ごめんな。
魂の戦士の一人目の戦死者はまさかのこの日のために仕上げてきた荻田だった・・・。
思いもよらぬ展開に恐れる魂の戦士達5人。果たして彼らは本当に20軒のはしご酒を達成できるのだろうか。



!!!!!!!!!!!!!続く!!!!!!!!!!
[PR]
# by agakun1 | 2016-06-11 23:48 | イベント。 | Comments(0)

2016年映画記録その61~70

5月19日現在。映画119本突破。いい感じであるがレビューが追いつかない。
とりあえず10本ずつ書いていこう。
書きたい、という意味でも映画を見ています。
SNSの一言二言ばっか書いていると文章表現力が落ちる。


61.男はソレを我慢できない directed by 信藤三雄 (2006年) 52点
女はソレを我慢できない、って昔かつてのロックスターたちが
一同に出演した映画が60年代にヒットしたようだが、それのパロでしょう、なんて思って観た。
まだ泥くさかった下北が舞台となっていて、寅さん他オマージュが強い。
ただストーリーがそうでもないのでまあまあ楽しめる映画だった。
中村達也の演技に注目である。


62.ウォームボディーズ directed by ジョナサン・レヴィン (2013年) 79点
「ゾンビラブコメディ」なんて一見聞くとくだらなすぎて見る気がしなくなるかもしれないけど、
ちょっと待ってくれ、と。
ネタが出尽くしたかのように見えたゾンビ映画に一括を入れる革命的ゾンビ映画の誕生である。
ネタバレのない範囲で言っておきますが、まずゾンビ目線の映画なのである。
ゾンビ目線=銃を持つ人間は敵、という構図となるのである。
そして何よりゾンビの男と人間の女が徐々に信頼関係が成り立っていく、
オチもあり。かなりの良作である。グロいシーンも少ないので女性の方もどうぞ。


63.シュレック directed by アンドリュー・アダムソン(2001年) 69点
どうもアニメと実写の映画は比較がしづらく、点数は何となくこれくらい、であろうかと。
シュレックの何がいいって、まず当然ストーリーがいい、ってとこ。
あと何よりもいいのはやっぱ音楽だよね。いいアレンジを加えてあってかっこいいのなんのって。
これならサントラ買ってもいいレベルにかっこいい。
シリーズ第一弾。シュレック彼女ができる。


64.ションベンライダー directed by 相米慎二 (1983年) 43点
愛する永瀬正敏のデビュー作なら見るしかなし、何てて思ってみたが、
感想は。「何だこりゃ」の一言である。
まず何でこんなカメラカットにしたのか訳のわからないロングショットが多い。
特に序盤。どいつがどいつなのか途中までわからなかった。
物語も繋がってるんだか繋がっていないんだか、全くもって訳がわからないのである。
高校生3人の青春ストーリーを期待していた俺は、
実はプレイヤーの再生ボタンを押した瞬間に完全に置いてけぼりにされていたのである。
なんて映画なんだ。ビックリした。ただこんな手法もあるのな、とは思った。映画って色々あるなあ。


65.ローリングサンダー directed by ジェフリン(1977年)78点
復讐の話。でも復讐は復讐を呼ぶ。あいつがやったから俺たちは復讐したまで、
終わらない。復讐の恐ろしさ。この後主人公は報復に遭うのだろう。
目に見える。そんな恐怖を考えた。でも家族が、愛する誰かが殺されたら
誰だって殺した相手を殺したくなるだろう。怖い映画だった。


66.トレインスポッティング directed by ロブライナー (1996年) 92点
祝!TOMATO PROJECT 20th ANNIVERSARY!!!ということで2年ぶりくらいに見た。
見れば見るほどスタイリッシュでかっこいい。さすがトマト。
永遠のアンセム。そしてついに2を製作中ならしい。これはやばい。
ヤクはダメだよダメ絶対。ミニシアターの走りだよな。青春だよ。


67.小野寺の弟 小野寺の姉 directed by 西田征史(2012年) 71点
これぞ、日本映画の良さがキラリと光る映画だと思う。日本映画は予算がないんだから
ドッカンバッカンの映画なんて無理なんだよ。VFXには限界があるよ。
だから日本映画はこういうほのぼのなんでもない日常の中にどこか奇跡がある、というのが一番面白いし刺さるんですよ。
マジでそう思う。こういう映画をどんどん作るべき。むしろ昔はそういうのばっかだった。
変にハリウーに影響されるな。君は君でいいじゃないか。


68.シュレック2 directed by アンドリューアダムソン (2004年) 79点
はいきました。2です。結婚しました。モンスター。
やっぱり音楽がいい。そこに尽きる。もちろんハッピーエンド。最高かよ。
ちなみに当時タイタニックの次に興行成績をあげたのがこの映画。面白いよー。特に吹き替えがいいんだよ。マジで。
この手のアニメは全て吹き替えで見る派なんですよ俺。


69.ディナーラッシュdirected byボブジラルディ (2000年) 75点
衝撃の最後とはこのことだろう。バッドエンドでもないとこがいいよね。村田昂揚くん、面白い映画をありがとう。
とりあえず腹減る。美味しそう。でも主人公の彼女がかなり・・・・・・・あれだと思う。まあ、いいや。はっはっは。


70.チャイナタウン directed by ロマンポランスキー (1975年) 76点
ロマンポランスキーはアメリカに二度と入国ができない。難民監督。
奥さんのシャロンステートがチャールズマンソンに殺されたのは有名な話。
というのが前提で知ってて、友達のギター屋さんの佐々木さんに教えてもらった映画。
やっぱり探偵ものは面白いよね。ホンっト最高。
ちなみに日本で一番かっこいい探偵は私立探偵濱マイクです。


面白い映画に飢えてます。もっともっと面白い映画を観たいです。死ぬほど見たいです。
[PR]
# by agakun1 | 2016-05-20 01:25 | 映画みまくる | Comments(0)

プリンスに思う

d0022465_21435034.jpeg

プリンスの野郎がくたばりました。
信じられない。なんだってんだほんと。
2016年にもなるとこんなこと多いよな。
でもチャックベリーもリトルリチャードも生きてるんだぜ?おかしな話だ。

プリンスは大学の時に見たパープルレインがカッコよすぎてすっかりトリコになってしまって、
でも周りの友達なんて誰もしらないからたまにプリンス好きな人に会った時は嬉しくなってガッツポーズしたものです。今は昔の話です。

プリンスはちっこくて可愛くてクールなスター。実はとんでも無いギターの腕を持ってるスーパースターらしいスーパースター。ほんと、スーパースター。スーパースターって言葉ならMJよりスーパースター。かっこいいもん。
まだフワフワしてるなー。
一度見ておきたかった、ってのがほんと心残り。

さよならプリンス。好きだったよ。


[PR]
# by agakun1 | 2016-04-22 21:43 | Comments(0)

2016年映画記録その41~60

さーて41~60本目までどどーーーん!とレビュー!
(だんだん適当になってきた。ちゃんと書こう)
もっとみるぞー!レンタルばっか。
劇場は10本いったらレビューしよ。そうしよう。あと一本だ(4/6現在)


41.チョコレートファイターdirected by プラッチャヤーピンゲーオ(2008年) 71点

今となっては有名となったマッハ!をはじめ、超絶ノンワイヤーアクションの先駆け的な映画。はじめてみる。当初の予想通りストーリーなんてないようなもの。阿部寛なんている意味あるのか?主人公が障害持ってる意味あるのか?と突っ込みどころ満載だがそれを吹っ飛ばすくらいの説得力あるアクションにすべてがつまっていまる。とにかくスカッとした。




42.鮫肌男と桃尻女 directed by 石井克人 (1999年) 63点
浅野忠信の代表作と呼んでも過言ではない一作。狂気を楽しむ浅野が魅力ありすぎて輝きすぎている。バイオレンスアクション、と呼ぶにはちょっと物足りないけどクールに仕上がっていてかっこいい。ただ小日向しえの演技が大根すぎて非常にきになる。周りを固める俳優陣が本格なだけに際立って際立って気になりすぎた。




43.スティング directed by ジョージロイヒル (1973年) 81点
これは名作ですね。明日に向かって撃ての再現。再現ってのもあれだけど、ストーリーもしっかりしてて非常に楽しめた。ロバートレッドフォードかっこよすぎ、伊達男って言葉がよく似合う。天才的なギャンブラー、ってのもずるい。男ってもんはいいもんだ。楽しかった~!




44.フランシス・ハ directed by ノアバームバック(2012年) 69点
なんだか意味わかんないタイトルで、話題になってたからみたんだけど、これは劇場でみたかった。なんでもないアラサー女子のなんでもない日常なんだけど、これがまた台詞回しもテンポもよくてあっという間に見終わってしまった。ちなみに彼氏役は後のスターウォーズエピソード7で大ヒットするカイロレン。よかったねぇ。




45.カンフーパンダ directed by マークオズボーン (2008年) 59点
この手の映画はふっつーに楽しめるだろうな~、と思ってみてみたら、ふっつーに楽しめた。点数つけずらいんだよねこういうの。VFXの技術はあんま驚くようなものではないけどアクション然り面白かった。ふっつーに楽しめます。




46.カンフーパンダ2 directed by ジェニファーユー(2011年) 59点
で、2ね。残した伏線を回収。ジャックブラックが好きなので観る。とうぜんふっつーに楽しめた。3も公開されるみたいだから多分観ると思う。うちの甥っ子と今度見ようと思う。多分喜ぶ。そしたら俺も喜ぶ。




47.五線譜のラブレター directed by アーウィンコックラー (2004年) 72点

アンディ卿の残した作品。やはりあの人らしいキザでロマンチックでおしゃれな映画。こういうの好きだな、やっぱり。知ってる曲もアレンジが可愛らしくてストーリーにもがっちりあっている。話なんてないようなものだけど見終わった後の充実感は堪らない一作となっています。ぜひ。アンディさんに会いたいなー。




48.中学生円山 directed by 宮藤官九郎 (2013年) 61点
悶々とした中2の妄想話。いかにもクドカンが得意そう。いかにも俺が好きそう。印象的なのはなによりも遠藤賢司ことエンケン。エンケンまんまじゃねーか!かっこよすぎてなにもかもすっ飛んだ。エンケン好きだわー!俺、実はクドカンの作品この中学生円山でコンプリートだということに気づいた。実はクドカン好きなんだなぁ。




49.エイリアンvs.ニンジャ directed by 千葉誠治 (2011年) 49点

日本の馬鹿アクションを世界に知らしめるために作られたプロジェクト、寿司タイフーンの一貫の作品。タイトル通りである。戦国時代のニンジャとエイリアンが闘う。勝手に闘え、くだらねー、当たり前だ、観る前からわかってる。アクションはアクション俳優の三元雅芸がこれでもかと見せてくれる。果たして外人にウケるのだろうか…。しかしその精神は素晴らしい。拍手を送りたい。




50.イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ directed by バンクシー (2011年) 81点

バンクシーが世界を騙すために作られたフェイクドキュメンタリー。ミスターブレインウォッシュが爆誕するまでのストーリー仕立てのドキュメンタリーであるが、嘘なのかホントなのか最早わからない。我々は結局彼の掌の上で踊らされているだけなのである。腹立つ。テーマソングの、今夜この街は僕らのもの、というフレーズが忘れられない。春のバンクシーダズニューヨークが楽しみである。




51.ガチボーイ directed by 小泉徳宏 (2008年) 90点

何の気なしにみたら涙が止まらなかった。主演 佐藤隆太、さやか、なんて聞くと観る気なくすかもしんないけど、後半にかけての物語の盛り上がり方は秀逸の一言。ホントに面白かった。邦画でTOP10に入るくらいいい作品です。内容についてはそんなに触れておかず、かなりの良作なので是非みてください。




52.フラッシュゴードン directed by マイクホッジス(1980年) 70点

ジョージルーカスがスターウォーズを撮る前に、ホントは撮りたかった作品がこのフラッシュゴードン。今となってはカルト的作品になってるけど、クイーンがテーマソングを作ってるくらいだきっとメインストリームの作品だったのだろう。当時の最新のVFX技術がまた今みるとグッとくるレトロさ。続編つくってほしいなー。




53.東京難民 directed by 佐々部 清(2014年) 61点
明日は我が身。単なる大学生(冒頭10分で大学生じゃなくなるが)の転落人生。身寄りがなくなった時点で生活保護申請できるんじゃね?なんて言っちゃダメだぞ!面白いというか怖い映画だった。




54.ホットファズ directed by エドガーライト(2008年) 88点
エドガーライト監督×サイモンペッグ×ニックフロイト、このコメディモンスター三羽烏が組めばつまんないわけがない、というのが今年わかった理論。今作も間違いなかった。ショーンオブザデッド、このホットファズ、そしてワールドエンズ。コルネット三部作はすべてこの3人によってつくられている。サイモンペッグとニックフロイトの仲の良さが観ていて微笑ましくて幸せな気分になる。この作品はポリスの話、映画オタクが作っただけあって各作品のオマージュも感じ取れマジで笑える。ぜひこの3人で死ぬまで馬鹿映画を撮ってほしい。待ってます。ちなみに4月にサイモンペッグ主演のミラクルニール公開。超楽しみです。




55.アントマン directed byペイトンリード(2015年) 69点
で、そのエドガーライト監督が途中まで製作してて外れちゃった映画がこのマーブルの新作、アントマン。エドガーライトが入ってただけあってカメラワークは他のマーブル作品に比べて瞬く間に動く動く。コメディ要素もばっちしで面白かった。このアントマン、アベンジャーズにも加入とのこと、どうなることやら。さらに楽しみになってきた。




56.ジャッジ! directed by 永井聡 (2014年)51点
広告業界あるある、ってのが制作会社勤務なのでよーくわかった。でも面白いのか?って聞かれたら並みの映画、ってのが答えになってしまった。とりあえず北川景子が美しすぎである。豪華キャストなのでまあまあ楽しめます。でもまあまあです。




57.フラッシュバックメモリーズ directed by 松江 哲明 (2012年) 62点
国内においてオーストラリアの民族楽器デュグリュデュの第一人者として有名なGOMAのドキュメンタリー映画。事故で失った記憶から復活までのストーリー。なによりもデュグリュデュの魅力が余すことなく表現されている。なんて言ってたらこの前友達からデュグリュデュもらった。バンドで使うかわかんないけど練習してみようと思う。ブオオオオオオオオオ…!




58.マンオブスティール directed by ザックスナイダー(2013年) 35点
いよいよ待ちに待ったバットマンvs.スーパーマンが公開、ということで改めて観た。改めて面白くなかった。だってこの作品、スーパーマンがヒーローらしくない。ヒーロー要素ゼロ。難民になって逃げてきたら敵が攻めてきてやっつけるだけ、という。アクションは確かに目を見張るくらいのものはあったけど、ダラダラストーリーがちょっと辛かった。多分もう見ない。バットマンvsスーパーマンについてはこの前見たので後日レポします。面白かったです。




59.白ゆき姫殺人事件 directed by 中村義洋 (2014年) 45点
ご存知「告白」の湊かなえの原作作品。井上真央ちゃんもすっかり大人になって。でも湊かなえの割には犯人バレバレすぎてちょっとゲンナリ。途中まで面白かったのに。これ、原作もこんな感じなのかなー。犯人は誰だ?ってのがテーマじゃないのかなー。もう少しなんとかなんなかったのかなー。




60.星くず兄弟の伝説 directed by 手塚眞 (1983年) 91点
ビジュアリストとして活躍されている手塚眞氏の長編デビュー作。久々に家のDVDを観る(プレミアついてるから12000円もしたんだぞ)カルト中のカルトと呼べる伝説の作品。ひょんなことから手塚眞さんと知り合う機会があり個人的な思い入れも強い。いよいよ今冬に新作が公開である。楽しみだなー。




どなたか、面白い映画、教えてください。面白い映画に飢えてます。
ゴールデンウィークはどこにも行かないで映画観る事にしました。
ずっと家にいますんで誰か俺と一緒に家で映画観よう。

では。
[PR]
# by agakun1 | 2016-04-06 19:32 | 映画みまくる | Comments(0)

沢山の人に聞いてもらうためにもっと修行しよう。そうしよう。

昨日何の気なしにFBのTLに流れてきた内容があった。

この記事である。

http://blog.livedoor.jp/babynanimokamo/archives/2079405.html


僕が凄くお世話になっている新宿JAMをクソミソに叩かれている記事である。
この四万十という人の話は長かったので簡単にまとめるとこうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新宿JAMでライブしました。客は無料で招待3人呼びました。
周りが酒飲んでてうるさくて誰も僕の歌なんて聴いてくれませんでした。
そんで僕は怒りました。
「なんでお前ら俺の歌、聴かねーんだよ。俺歌ってんだよ!?」
で、そのライブハウスに対しては
「なんでお前、こんなイベント俺呼んだの???ふざけんなよ新宿JAM!!!」
「謝れ、ネット上で謝れ。お前、頭おかしいだろ店長、病院行けよ」
JAMはツイッターで謝罪しました。
「謝罪したんですね、でも、もう二度と行かないです」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



僕は洋楽派なのであまり邦楽は詳しくないのですが、
そんな有名な方なのでしょうか。

JAMでは何度もサブステやらステージやらでやらせてもらって
THE R.O.Xの初のワンマンもJAMで行い、
石塚さんには本当にお世話になりました。
ですので僕はJAMを贔屓します。擁護します。なぜならJAMが好きだからです。

そもそも新宿JAMは汚くて古くて臭くて地下にあって暗くて歌舞伎町の外れにあって、
と、知ってる限りでは日本で一番劣悪で邪悪な箱です。
「独立国家新宿JAM帝国」と名付けてもおかしくない。

みなさんがライブハウスって「汚くて臭くて暗くて、なんか行きづらい」
みたいなイメージを35年間僕が生まれる前からずっと地で行っている唯一無二のライブハウスです。
(すみません。ディスってるわけではないです)

そしてそこに集まる連中も猛者だらけです「JAMっ子」なんて言葉が生まれるくらい、
あの箱には何かが住んでいます。僕もそのJAMの魅力に同感した一人です。

ですので何度も酒飲みながらサブステやって時には他のミュージシャンとステージそっちのけで
盛り上がってるなんてあるあるです。毎回出演すれば何かしら友達だか知り合いが増えていきました。
ジャムは頭がおかしいので飲み放題4時間2000円。
石塚さんも飲みに来てやあ〜なんて言ってくれてるくらいあそこは「酒呑む」箱なんですね。
これは結構ジャム行く人ならわかると思います。

そんでまあこの四万十って人と同じく、お客さん2人くらい(招待ではない)の時もあって、
当然0人の時もあって、

だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーれも聞いてくれない時なんてよくあります。

っというかサブステが多いので、

だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーれも聞いてくれない時の方が多いかもです。


そういえば四万十って人と同じ状況もありましたよ。多分その時客二人くらい(招待ではない)
サブステではなくステージね。
誰かのイベントに出た時。


その時確かアイドルイベントだったんだけど、アイドルとアイドルに挟まれて
俺(弾き語り)というなかなかすげーとこにぶっ込んできたなー石塚さんめ〜はっはっは。

で歌ってたんすよ。

そしたら当然きてくれた二人(招待ではない)以外


だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーれも聞いてくれないんですよ。

だーーーーーーーーーーーーーーーーーーれも。

だーーーーーーーーーーーーーーーーーーれも。



でも2人は楽しそうに聞いてくれてるんです。
嬉しいですよ。だって二人(招待ではない)で歌ってくれてるんだもん。
その二人、友達とかじゃないのに。


しかし二人(招待ではない)以外は
だーーーーーーーーーーーーーーーーーーれも
聞いてないんですよ。
もう、みんな盛り上がって酒飲んでアイドルの話とかしてんすよ、多分。

そこで僕はステージ上で言いました。

「ふざけんなよ!!!!!俺の歌聞けよてめえら俺を誰だと思ってるんだ!?オルァ!?」

そこで俺はブチ切れ、演奏を途中で中断し、
持ってきたチェーンソーでアイドルオタクたちを木っ端微塵に八つ裂きに切り裂き、
今でもJAMの天井には八つ裂きにされた中村さんの血痕が残っています。
今度JAM行った時見てください。
そして俺は事務所に行き、石塚さんに

「オルア、俺に何恥かかせとんねんオンドリャ謝れや、俺の連れに謝れや、インターネットで謝れ」
「インターネットでな」
「インターネットで謝れ」
「インターネットでな、インターネットで謝れや」
「あのパーソナルコンピューターから繋ぐやつや、インターネットでや」


そして石塚さんはツイッターで謝りました。

「アーセーセーしたぜ。インターネットで謝ったしなインターネットであばよJAM、俺の頭から消したぜ。俺のライブの時は細心の注意を払えよ。あとそうだ、お前は本当に頭がおかしいと思うから、病院行って診断してもらえ、これ以上話す事はない。以上だ。あばよ」

完。








・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・
・・・
・・





はっきり言って、完全に力不足でしたね。
友達だから聴いてくれたのであって、
初めて聴いた曲でも聴いてくれるような力がなかったのです。
本当に力があるのならフロア全体をつかめるはず。
でもたまに奇跡が起きて、本当にフロア全体つかめる時ってあるんだよね。
なんかわっけわっかんねーけど今日やたら盛り上がったわ。ってこと結構多い。なんだろうね、あれ。
新宿JAMで弾き語りをする、というのはギター一本で歌う、ということは、
僕の中では修行です。
誰も聞いてくれないことなんて当たり前です。なぜなら俺は有名人でもないし、
そんな力をまだ持っていないから。だからもっともっと修行しようとなんか今日、改めて思いましたわ。

石塚さん、なんか大変そうですがJAM盛り上げましょ。最近出てないんで、また顔出しますわ。では。


※俺も炎上でもいいから有名になりてえなあ。はっはっは。
[PR]
# by agakun1 | 2016-03-20 02:47 | THE R.O.X 的解釈 | Comments(0)

ハシゴ酒 二十軒2016. 第一話 「プロローグ:魂の戦士集う」

「最近、額賀は昔のような勢いがなくなった」
「丸くなっちゃって」
「昔のほうが馬鹿だった」
「つまんない」
「加齢臭」
「歌ヘタ」
「部屋汚い」


なんて空気が流れてるので、
やってやったよ久しぶりに
尖ってやったよこの野郎。


d0022465_1922581.png

「20軒ハシゴ酒」


計20杯の酒を呑む

という企画。


そもそも俺は酒は毎日飲んでいるが、決して強くなんてないのである。
自称「酒はソコソコ飛ばす八番バッター」なんて言っちゃうくらい
まあ、通常5‐6杯呑めば、「あー酔っぱらった帰ろ」程度なものなのです。
普通に考えて「無理」である。
ではなんでやったか。
それはエドガーライト監督の「ワールズエンド」という、
1パインズ(700ml位)のビールを12軒達成する、という超B級映画を観たからである。
映画に影響されちゃった。悪くない。悪くないぞ。

ハシゴ酒をネットでゆるく調べると
だいたい15軒くらいがマックスだったので、
切り良く20軒にすっかー、みたいなノリで決めました。

果たして男(32歳独身・会社員)の運命やいかに・・・・・。
これから全4回にわたってお送りしていこうと思います。
(え?そんなあんの?まあそういうなって)


予算:2万
集合:昼14時~
終了:朝まで

なんてクレイジーな概要なのに
馬鹿が5人も集まりましたよ すっとこどっこい。

5名の魂の戦士

魂の戦士1.額賀
魂の戦士2.石川
魂の戦士3.荻田
魂の戦士4.田村
魂の戦士5.金井


俺以外全員建築をやっている若者である。
建築やってるやつって馬鹿なんだな・・・。覚えておこ。
というわけで渋谷にてスタートしました。

14時、5人の戦士たちは渋谷の犬前に集まった。
土曜日の犬はいつも通りだ。人で溢れかえっている。
まず金井と合流した。

金井「楽しみっすねぇぇ~いやー俺、ほんと楽しみにしてましたよぉぉ~」

馬鹿がうすら笑っている。彼は5人の中では最年少である。
ちなみに最年長は俺である。

石川、荻田、田村もすぐにそのあと合流した。

「5人で100杯だぜぇぇぇえ!伝説だぜーーー!ヒャッハーっ!」


馬鹿5人のテンションは高い。
しかし、まさかこの5人で朝を迎える事にならないとは、今はまだ、彼らは知る由もない。

続く。

[PR]
# by agakun1 | 2016-03-17 22:29 | イベント。 | Comments(0)

2016年映画記録その21~40

はい。観ました21〜40本までレビューしていきましょうー!
TSUTAYAさん最高やなー。借り放題980円。すげええ。
映画ってほんとなんなんだろう・・・・・。ちょっとねえ・・。
まあ、家に常に20本DVDがあって「今日なにみよっかな~」なんてできるなんてほんと幸せ。

(※点数をつけてますが「あくまで」個人的な感想ですので悪しからず)




21.DUNE 砂の惑星 directed by デビッドリンチ (1984年) 53点 
アレハンドロ・ホドロフスキーが願って願って叶わなかったDUNE砂の惑星。
デビッドリンチが数年後、公開することになったのがこの作品。
スターウォーズエピソード4が公開されたのが1977年なのでその6年後となる。
内容はスターウォーズ全盛期だった、というのはもちろんあるが、
デビッドリンチ特有の「視聴者置いてけぼり」が強い作品だった。
DUNEについて原作を読んでいたら変わっていたかもしれないけどちょっとなー、な感じだった。
でも原作は大作SFと成っているのでいつか勉強してみたいものである。そんな日くるのかな。




22.土竜の唄 directed by 三池崇史 (2014年) 61点
クドカン脚本。三池が監督。となればつまらないわけがない。主演は生田斗真くん。
漫画が原作なだけあってもちろん漫画的ではあるけどコメディ要素もがっつり入ってて
観てて肩こらない。良作かと思います。ただ、、、続き物だったのか・・・・・・。
1作で終わらせて欲しかった、というのが本音。




23.ドラゴンタトゥーの女 directed by デビッドフィンチャー (2011年) 79点
原作を読んだのが6年くらい前だったっけ?スウェーデン版を見たのがいつだっけ?前観た。
すげー見てー。とか思ってたけど観てなくて「ついに観た!」
クレイグの007見てるんだっけ?なんて思っちゃったりする場面は多かったけど
何よりも!リスベット!魅力ありすぎ。かっこよすぎ、もうそれ!
久々に見応えのある骨太のミステリー映画を観たその日はもうお腹いっぱいでした。
楽しかった〜。この手の映画は映画館で集中して観たいね。




24. E.T directed by スティーブンスピルバーグ (1982年) 81点
なんでいままでみなかったんだろう?というくらい素晴らしかった。
なんでみなかったのか?
理由1:大作すぎて興味がなかった
理由2:いわゆる「観ず嫌い」
理由3:今更感
なんていろいろ思い当たるけど、名作と呼ばれている所以は名作だからである。
ストーリー性、ワクワク感、どれをとっても一流である。また観たい。そんな作品の一つにまた加わった。




ここから「フェブラリーオブザデッド@我が家」という週間をつくりゾンビ映画を観まくった。


ゾンビ映画を観るうえで共通する注目点は以下である。

・生き残った人間たちの汚いやりとり
 だいたい生き残ってるやつで意地悪だったり自分勝手だったりするやつは絶対死ぬ。
 主人公とぶつかった人間はほぼ間違いなく死ぬ。あと無駄にエロイ女。
 冷静なやつはまあまあ生き残る可能性があるがいいとこまでいって死ぬ。

・いかにゾンビから逃げるか
これもどこかにこもったり、バリケード作ったり、考えうる安全そうな場所に彼らは逃げますが、
はっきり言って、どの映画もほぼ100%安全じゃありません。ゾンビだらけ。あほかこいつら。
視聴者を喜ばせるために体張ってくれています。アーメン。

・噛まれた人間を殺すか否か
 これぞ人間の倫理的問題を無駄に考えさせられる。ゾンビ映画のくせして。
 愛する人が噛まれたら・・・・、そんなこと絶対ないから考える必要なし!

・ゾンビを倒す武器
 拳銃をはじめスゴイ重火器がでてきたり、はたまた素手だったりナイフだったり
 ゾンビの殺し方は多種多様。おもいっきり殺されてるのをみるとなぜかスカっとします。

ほぼこのポイントを押さえておけばゾンビ映画は楽しめるので。是非。
ではレビューをしていきましょう。


25. ナイトオブザ リビングデッド directed by ジョージAロメロ (1968年) 79点
「ゾンビに噛まれたらゾンビになる」「ゾンビは頭を破壊すると行動不能になる」、なんて設定を考えた後々考えると本当に偉大な発明である。それだけで無限の物語が作れる。グラインドハウスムービーの代表格がゾンビシリーズとなっているのもこの設定があってこそである。そしてこのリビングオブザデッドはロメロ監督が世界にはじめてゾンビの存在を知らしめた渾身の一作である。まだ白黒だけど緊迫感は伝わってくる。BGMは俺、この作品が一番おどろおどろしさが伝わってきて怖かったかも。この作品なんと現在ではニューヨーク近代美術館にもフィルムが保管されているらしいです。すごいぜロメロ。




26.ドーンオブザデッド(ゾンビ) directed by ジョージAロメロ  (1978年) 84点
誰もが認めるゾンビ映画の大金字塔、それがこのがこの作品である。
ロメロがゾンビ映画の巨匠なんて呼ばれるのもこの作品があってこそ。もちろん突っ込みどころ満載なのがゾンビ映画である。今見てもどこにゾンビが隠れているのか、次誰が死ぬのか、など見てるこっちをハラハラさせるロメロの演出ってすごくおもしろい。それが魅力だとおもう。脚本なんて二の次。たまりませんな。はっはっは。




27.ランドオブザデッド directed by ジョージAロメロ  (2005年) 64点
ロメロが久々に製作した作品。ゾンビがはびこる世の中は人間たちのヒエラルキーがさらに拡大。
高層ビルに住む富裕層とスラムの貧困層でわかれることとなる。なにげに出演しているデニスホッパーはいい感じの悪役感を出している。中学生でも思いつきそうな脚本だけど、これくらい単純なほうがゾンビ映画にはあっている。




28.ダイアリーオブザデッド directed by ジョージAロメロ  (2007年) 38点

ロメロのネタがなくなったのか今度はフェイクドキュメンタリーチックなアプローチで制作。
危機迫る具合で考えるとこの作品が一番危機迫っているっちゃー迫っている・・・・が、
脚本も中身のなさすぎてネタバレだけどオチもない。だらだらだらだらゾンビから逃げる、
主人公が空気を読まずに撮影する、の繰り返しで面白くなかった。おいおいロメロ。




29.サバイバルオブザデッド directed by ジョージAロメロ (2009年) 61点

前作のつまんなさか2年後、またロメロがこりずに製作。微妙にダイアリーオブザデッドにつながっている。
今回は「ゾンビを噛んだ生者もゾンビになる」という新ルールが追加。(だからどうした)
死者は眠らせるべきと考えるオフリン一族と、死者は生かしておくべきと考えるマルドゥーン一族が対立
と、ゾンビの処遇どうしまひょか。みたいな人間たちの戦いがメイン。
いよいよネタがなくなったのかロメロはこれ以降制作をしていない(2016年時点)早くつくってよ~。
それにしても毎回毎回 なんでゾンビになったのか原因が不明である。まあなんでもいいんだけどさ。




31.ドーンオブザデッド(リメイク) directed by ザックスナイダー 79点 (2004年)

スパイダーマンの製作で有名なザックスナイダーのデビュー作(まじか)。これがロメロのドーンオブザデッドのリメイク版である。舞台がショッピングモールというだけで他は一新。ロメロ監督へのオマージュへ敬意が要所要所に表れている。今回特筆すべきはまず「ゾンビが走る」という革新的要素が入っている。
これがまじで怖い。そんでほんと笑える。しかも足はええとか爆笑。
冒頭でいきなり世界滅亡みたいになスピード感だったり、間違ってチェーンソーで仲間を切り刻んじゃったり、さいたまスーパーアリーナみたいに3万体くらいのゾンビの群れに、中2みたいなデザインのブルドーザーで突撃したりして、これは思った以上の名作。深夜に近所の友達4人で観てたんだけどほんと笑った。おもしろかった~!



以上、フェブラリーオブザデッドでした。(デイオブザデッドがTSUTAYAになかったことが悔やまれる)



32.宇宙人ポール directed by グレッグモットラー (2011年) 70点

サイモンペッグとニックフロストが組めば間違いがない。たしかに間違いがなかった。
ETへのオマージュも組んだ作品で、二人の軽快なやりとりは特筆すべき点。宇宙人とのはちゃめちゃコメディなので肩の力を抜いて何も考えずに見れるのでこれはお勧めしたいです。




33.七人のおたく directed by 山田大樹 (1992年) 28点

むか~し流行ってたので見てみようと思いレンタル。
ウッチャンナンチャン(全盛期)、江口洋介、山口智子、武田真治、等々。超豪華キャスト。
山口智子が妖艶すぎ。残念ながら魅力はそれだけ。7人のオタクなのに
全然生かし切れていないというトホホ具合。ほんと残念映画である。




34.タクシードライバー directed by マーティンスコセッシ  (1976年) 88点

この映画は戦場がない戦争映画、と呼んでいいのではないでしょうかね。ベトナム戦争から帰ってきた若者は現代社会に対する怒りや孤独感、虚しさ、から徐々に精神は狂気へと変わっていく。だんだんと変わっていく心理描写が秀逸。スコセッシの大名作ですな、これは。将来のあてもなく、家族も友人も恋人もいない、孤独感から襲われる怒りは社会へと向く、ということは誰もが感じる事なのであるが、誰もが皆、一生懸命生きているのである。音楽もまたよいので、いい作品、というか注目すべき作品と呼べるかと思われます。是非に。




35.マッドマックス3 サンダードーム directed by マークミラー (1985年) 62点

年末2まで観返してみてなかったので3を久々に鑑賞。ティナターナがいい感じである。こういう役似合っているよなーほんと。3の世界観はのちの大名作「マッドマックス 怒りのデスロード」へと継がれていくと考えながら見ると楽しめた。メルギブソン版のマッドマックスはやっぱり2が一番好きだけど、3も荒廃した世界にある大国という設定はそれもそれであり。またマッドマックス新作つくったらどうなんだろう。たぶんつまんないと思うんだよね。




36.ワールズ・エンド directed by エドガーライト (2014年) 87点

来ました。エドガーライト、サイモンペッグ、ニックフロイト、のゴールデントリオの傑作コメディ第三弾!
笑う以外なにも求めていないこの作品はもはや敬意を表する。
あらすじは、高校のころに達成できなかった伝説の「はしご酒12軒」を20年後達成しようとする
中年たちの話である、が。途中でなぜか宇宙人が攻めてきて、あら大変。みたいな感じである。
アクションがまた意外としっかりしていて見ごたえあり。サイモンペッグのクズ人間っぷりもまたいい。
サイモンペッグとニックフロイトってプライベートでもあほみたいに仲がいいから二人をみてるとほんとホッコリするんだよね。あー楽しかった~!



37.ジャッキーブラウン directed by クエンティンタランティーノ(1997年) 80点
タランティーノ監督がいよいよ今年新作「ヘイトフルエイト」を公開すると聞いて、
いてもたってもいられなくなり久々に鑑賞。あれ?こんな長かったけ?3時間近くあった。
綿密に練られた脚本と一気にキャラ立ちをして歩き出す登場人物たち。大人になってから改めて見ると
この映画の偉大さが本当によくわかる。サミュエルL・ジャクソンはタランティーノの常連だけど、
毎回毎回いい悪役を演じてくれる超お気に入り俳優。タランティーノ作品のキャラクターって
コミカルで全員どこか狂ってて見てて本当に飽きない。ヘイトフルエイト、超楽しみ!



38.バトルロワイアル directed by 深作欣二 (2000年) 91点

観終わった後ヒャッハーとなるくらい面白かった。自分の中での邦画ランキングトップ10入った。
柴崎コウの狂気がこんなにすごいとは。邦画史上最大のバイオレンス映画、と呼ばれている所以も納得した。これは邦画史上最大のバイオレンス映画の大金字塔である。スピード感、緊迫感、迫る緊張感、
次誰が死ぬんだ、というハラハラ感、どれを取っても超一流。これはタランティーノも影響されるわ。
演出も私共視聴者を画面に食い入るように構成されていて、あっという間の2時間だった。
あんな登場人物が出てくるのに一人一人のキャラ立ちができている。よくクラスにいるあいつや
あいつも頭の中でフラッシュバックしていった。深作監督、恐れ入りました。
2000年代のバオレンス映画だったらトップ10に間違いなく入ると思う。
面白かったーーーーーーーー!!!!!!



39.MONSTERZ directed by 中田秀夫 (2014年) 13点


久々に途中で観るのやめた。
藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲなんて豪華キャストなのに・・・・なんてこった。
以上





40.マイブルーベリーナイツ directed by ウォンカーウァイ(2007年) 60点

主演ノラジョーンズ、って大丈夫か。なんて思ってて見てなかったけど、
借り放題なのでまあいいや、とレンタル。
ジュードロウとのワチャワチャイチャイチャラブストーリーかと思いきや、
ノラジョーンズの青春ロードムービーだった。
いい意味で期待と違っててよかった・・・・・が、ジュードロウ、、いるのか・・?
いやまあ、な。まあいいや。



劇場は現在5本。家にDVDありすぎて劇場にいけねええ。
幸せである・・・・・・が、仕事帰ってきてから映画見てたりするから日中超眠い。

さー!もっと観るぞ!
[PR]
# by agakun1 | 2016-02-27 15:33 | 映画みまくる | Comments(0)

2016年映画記録その1~20

今年は映画、たくさん見ようかな、って思いまして。
4年ぶりくらいに200本位目指そうかな、と。
なんか近所のTSUTAYAが一か月借り放題980円とかクレイジーな企画はじめやがって
家に死ぬほどDVDありますわ。
しかし平日帰ってから見てるから寝るのが3時とか4時とかになり、
いつまでもつのだろうか・・・。
まあ200本くらい、見ます。本数がすべてではないので、ね。
ではいってみましょう。偉そうに点数なんてつけてやらあ。
(「あくまで」個人的な感想です)

1.元祖!電エース directed by 河崎実 93点
 自宅の自前DVD鑑賞。何度見ても面白いバカ映画
 気持ちよくならないと変身ができない快楽の星からやってきた超人電エース
 鬼才・河崎実監督の中でも最も愛すべき作品である


2.リベンジマッチ directed by ピーターシーガル 27点
 元旦・「クリード」鑑賞後にテンション上がって観る。スターローンとデニーロがリングで闘うという。
 ロッキーザファイナルにも似ている・・・はずだったが、「似て異なるもの」とはまさにこのこと。
 レイジング・ブルとロッキーを混ぜれば楽しい・・・はずだったが脚本が最低につまらない。
 いい食材なのに間違って焦がしちゃった。みたいな感じである。以上。


3.アンダーグラウンド directed by エミール クリストリツァ 98点
 自宅の自前DVD鑑賞。一年に一度は見る永遠のアンセム映画。
 第二次世界大戦からユーゴスラビア内戦を舞台とした歴史・・。と聞くと重そうだが(たしかに重い部分は多い) アンダーグラウンドは完全にファンタジーである。フォレストガンプがアメリカの歴史とともに歩む映画だとしたら、この映画はマルコとクロとナタリアのユートピアをめぐる歴史ファンタジーといったところか。
 ラストシーンの「もうなんでもいいや」感は不思議と泣ける。メルヘンとロマンを感じ、そしてどこか牧歌的。
 あとなによりも音楽も特筆すべき点。クリストリッツアのイベントが今年開かれるらしい。絶対行く。


4.テルマエロマエⅡ directed by 武内英樹 70点
 1が面白かったのでレンタル。特に暇せず見れるエンタメ映画。面白かった。
 この武内監督って経歴見たらすごいのね。
 日本のドラマのいわゆる有名作を多数手がけてる名演出家なのね。
 そんで映画はこのテルマエとのだめカンタービレ。すごい人がいたもんだ。
 これから映画に力入れてください。よろしくお願いします。


5.キングスマン directed by マシューボーン 82点
 劇場で見損ねたのが悔やまれる、ってのが最初観た感想。マークミラーとマシューボーンのコンビがまたやってくれましたねぇ。
 最近の007はリアル路線になってて(べつに悪くはないけど)秘密兵器とかなくなっちゃったけど、
 スパイものってのはやっぱこうでなくちゃね。超最高。続編決定したようで楽しみで仕方ない。
 ワクワクが止まらない映画ってほんといいよね。まさにこれ。


6.シザーハンズ directed by ティムバートン 60点
 有名作品なのに今まで観たことなかった。初めて観た。ウィノナライダーが可愛い。
 エディーのビジュアルがカルト的で人気がでそうだけど、そんなに超面白い、人生の一本、には
 とてもならなそうだなあ、ってのが感想。可哀想。


7.エターナルサンシャイン directed by ミシェルゴンドリー 80点
 ミシェルゴンドリーのファンなので久々に鑑賞。練られたチャーリー・カウフマンの脚本にゴンドリーならではの映像美。
 あとこの作品のジムキャリーはどの作品よりも渋くてカッコいい。 
 スパイクジョーンズだのソフィアコッポラだのチャーリーカウフマンだの
 90年代後半~00年代新気鋭の若手監督の作品は
 当時かなり映画を見ていたころに一番ハマっていたの思い出した。


8.レニングラードカウボーイズ・ゴー・アメリカ directed by アキカウリスマキ (我が家映画祭2016)  88点
 今年も正月に開催した我が家映画祭(俺チョイス)カウリスマキの代表作を上映。
 何度も見てもゲラゲラ笑う最高のバンドロードムービー。意味の分からないシュール映画。大好き。
 あとレニングラードカウボーイズの曲が最高にかっこいい。何度見ても飽きない。


9.インファナルアフェア1 directed by アンドリューラウ (我が家映画祭2016) 75点
 我が家映画祭2作目。(奥村君チョイス)観たことなかった。観ればよかったっていうくらい面白かった。
 個人的にこの手のアジア映画は吹き替えで見たくなるんだよね。なんでだろう。
 アジアの映画だって面白いんだぜ!ってことを世界に知らしめた作品、と聞いたが、
 ほんとにそれ。これは面白いよね。ワクワクした。今まで見なかったことを後悔。


10.ロッキー・ザ・ファイナル directed by シルベスタースターローン (我が家映画祭2016) 93点
 我が家映画祭3作目(俺チョイス)無理やり奥村くんに見せる。
 もはや語る必要なし。泣ける。泣いた。


11.アイアムサム directed by ジェシーネルソン 69点
 実は見てなかった。ビートルズファンなのに。あんまあからさまなお涙頂戴映画はあまり好きではなく、
 今まで避けてたけどショーンペン好きなんでみるかー、みたいな感じで借りましたわ。
 

12.ジョニーデスティニー directed by ジャックバラン 3点
 タランティーノ監督が好きで好きで仕方ないので、あ、タランティーノ出てるんなら観よー、って見たら
 最低の映画だった。これ、ネタバレだけど、タランティーノ単なる脇役やがな。ジャケでど真ん中にいて
 いかにも主演みたいに出してて。こういう演出とかほんとに最低。客を舐めてるとしかいいようがない。
 話なんて二の次。これは最低。 


13.ミッドナイトインパリ directed by ウッディアレン 58点
 いかにもウッディアレンが得意そうな分野の作品。パリを舞台にした作品。
 幻想的でノスタルジックなコメディ映画。俺が昔考えてたことと同じだった
 「結局今が一番いい」ってことよ。同感。
 ・・・でも最後のご都合主義でチャンチャンはいただけないぞウッディアレン・・・。
 

14.ガーディアンズオブギャラクシー directed by ジェームズガン 70点
 見逃してたのでレンタル。マーブルシリーズこれで制覇だ。はっはっは。
 主人公が音楽好きってとこがもう好感度上がっちゃうよね。
 あと大して強くない。アベンジャーズといつか合流するのかしらね。きっと。
 続編に期待。


15.東京タワー オカンとボクと ときどきオトンdirected by 松岡錠司 65点
 さっきも書いたけど、お涙頂戴は抵抗があって見てなかったけど
 借り放題だったんで借りた。観た。原作は昔ブックオフで100円で買って読んだ。
 感想は、「こんなに超優等生映画見たことないくらい超優等生」
 「!あなたのクラスにもよくいる超優等生が待望の映画化!」
 俺ならこの映画にこのコピーを付ける。


16.地球防衛未亡人 by 河崎実 73点
 壇蜜×河崎実・・・。この組み合わせだけでもうおなか一杯である。
 デビッドボウイが死んだ日にこの映画を見て無理やりテンションあげた。
 笑った。壇蜜の大根っぷりは必見。後悔はしないからネタ作りにどうぞ。
 
 
17.ショーンオブザデッド directed by エドガーライト 81点
 ゾンビシリーズ好きだけどなぜか見てなかった。え、なにこれ超最高におもしろいじゃん。
 お気に入りのシーンはレコードをゾンビに投げつけるとこ。笑いまくったわ。
 久々にゾンビシリーズ見ることにしよう。ゾンビ熱が再び再燃させてくれた最高の一本だった。


18.私立探偵 濱マイク 我が人生最悪の時 by directed by 林海象 90点
 映画版濱マイクシリーズのDVDボックスをようやく購入して久々に鑑賞。
 くぅぅぅっ!かっこいいいい!エンディングでモノクロ→カラーに変わるシーンとか大好き。
 「かっこいい」という言葉が日本で一番似合うヒーローは濱マイクだと思う。
 この映画見て綾野剛は役者目指したとか。わかりますわ。それ。
 あとこの映画見て私立探偵目指す人も増えただろうなー。俺も昔見たときちょっと思ったもん、。
 スタイリッシュでクールでハードボイルド。これはテレビ版のDVDボックスも買わないと。


19.私立探偵 濱マイク 遥かな時代の階段を directed by 林海象 85点
 映画版濱マイクシリーズ第二弾。連夜の濱マイク祭り。シリーズを通して佐野史郎、南原清隆はいい味出してるわ。
 映画版のマイクはまだ若いから狂犬っぷりがでててそれもまたよい。
 今回はシリーズ最大級のアクションが多くて見ごたえもある。


20.私立探偵 濱マイク 罠 THE TRAP directed by 林海象 85点
 映画版濱マイクシリーズ第三弾。連夜の濱マイク祭り。
 前2作から一転、サイコホラーに。一番探偵っぽいのはこの作品。夏川結衣が麗しい。
 濱マイクシリーズは音楽にしろ、映像にしろ、小道具にしろ、すべてが洗練されてスタイリッシュで
 男どころをくすぐりまくる映画。超最高。あー面白かったー。 
 

とりあえず家で見たものをレポ。劇場は改めて。
レポしてみると、過去観た作品が多かった。好きな映画は何回でも見ちゃうタイプっぽいです。
次は実はみていない有名映画でもみようかな。タイタニックとか。映画館もいかないと!忙しい!


今年は
「キャプテンアメリカ シヴィルウォー」
「バットマンVSスーパーマン」
タランティーノの新作「ヘイトフルエイト」
バンクシーの新作ドキュメンタリー
インデペンデンスデイ2
ゴーストバスターズのまさかの新作

とかとか!今年も映画が楽しみだー!
[PR]
# by agakun1 | 2016-01-22 19:53 | 映画みまくる | Comments(0)

もっと強く生きよう。

リンパ癌でパッツンパッツンに別人のようになった義兄はたった80分で粉になった。斎場でクソまずい寿司を食ってはじめてあった向こうの親戚と当たり障りもない話。まずい飯はほとんど残されたら粉になった。
母ちゃんが啓太の面倒見てるから、額賀家からは俺とねーちゃんの二人だけ。あらためて家族がいないことがよくわかる。ネーちゃんの右の腰元には白い花にリボンが垂れ下がってて達筆で「喪主」と書いてある。目の前にある死体はどうみても死体だった。空っぽでなんもない。わざわざ筑波まで来たのに。遠出する、ってのは多少ワクワクがあるはずなのに全然ワクワクしない。
帰りに母ちゃんに電話をして啓太の声を聞いた。なにもわからずに叔父さんと話してキャッキャしていた。
これから、この赤ん坊は俺たち姉弟と同じ父親のいない人生を送ることになると考えると気の毒で仕方がない。母子家庭の場合は本当に苛酷だ。母をみてきたのでよくわかる。
額賀家の運命なのか、決められた道なのか、額賀家は苛酷な人生を送るようにできている。運命は変えられない。きっと啓太も苛酷な人生を送るのだろう。
ただ、絶対に幸せはある。そう信じないと生きる意味なんてない。実際に幸せは存在している。
啓太くん、君は必ず幸せになる。俺が保証する。祈りに代わりここに誓おう。

もっと強くならないといけません。もっと強く生きていこう。
努力もしないと。求道者として努力をしないとダメだ。
このままではだめだ。このままではいかん。
啓太よ、強く生きていけ。
責任もって君の成長を叔父さんは見届ける。

帰り道に筑波の逢魔が時をみた。逢魔が時は夕焼け、アンディさんが教えてくれた言葉。すごく綺麗だ。
こんな逢魔が時なら、悪魔が悔しがって夜にしたがるってもんだ。逢魔が時に、「強く生きていこう」と決心した。ブレず、求道者となってみせよう。人生の転機はまさに今、俺の中で起きている。

心配で心配で夜も寝れなくて恐れていたことが今月は立て続けに二回も起きた。逆に年内にすべて終わった。
新年はホントにいいものです。
何度だって生まれ変われる。来年は必ずいい年だ。
そういうことこそ、人生そのものってもんじゃねーかよ。
少し休んで、頑張ろう。もっと強く生きていこう。
啓太、頑張れよ。叔父さんも頑張るわ。では。

ガクガ






[PR]
# by agakun1 | 2015-12-22 23:34 | Comments(0)

ANDY

Hi! アンディ.

「Hi! R.O.X!」いつもあなたからのメールの頭はこれでした。幽霊でもいいからでてよ。たのむよ。

なんでここで書くか、追悼したいのかお悔やみなのか
わからないけど答えはひとつ。
ただ書きたいから、というよくわかんない理由です。
自分でもよくわかってないけど、自分を納得させたいのか自己満なのか、心の中で片付けきれないのかもね。許してください。
どうかもわかんないですけど、ここに思っていることを書いておきます。

大切な人が亡くなりました。すごく辛いです。悲しいです。死んだ人は戻らないし時間も戻せない。今言っても無駄。
僕をずっとずっと応援してくれていた人です。
映画が好きだったんですけど大好きにさせてくれたのはあなたのおかげです。
寂しいですアンディさん。会いたいですよアンディさん。
今でも日曜日に喫茶 居桂詩に行ったらいて、一緒にコーヒーでも飲めるんじゃないか、
なんて思ってます。

ウッセーライブ見に来てくれたり、映画のDVD貸してくれたり
かっこいい曲教えてくれたり、ご飯おごってもらったり
俺の仲間達に色々教えてくれたり、
いろんなアーティストを紹介していただいたり、youtube教えてくれたり
ストリートライブしてた時にケーサツの対応を保護者みたいに対応してくれたり、
言いだしたりきりがないくらい恩があります。
親父のいない俺にとってあなたは俺の優しい親父でした。
永遠に忘れません。

それなのにどうしてアンディさんがずっとリクエストしてくれてた
「ハレルヤ」を俺は今まで歌わなかったんだろう。
あと20日待ってくれればよかったのに。
なんて思いますけど、もっと俺が老師のリクエスト聞いて
早く歌えばよかったよ、ハレルヤ。ごめんねアンディさん。

あなたが先に死ぬなんてそんなこと
自然の摂理だから当たり前として受け入れる覚悟はしていました。
でも覚悟を超えていました。悲しいです。辛いです。

あーそうそう今月はスターウォーズも007も公開しますよ。楽しみです。
昨日、今年の誕生日にもらったキャデラックレコード観ました。
大晦日は老師のベスト映画をチトフナで上映しますよ。
あとそう、ラストワルツとか借りパクしてるDVD、これ、コケコから聞きました。
大切にします。すみません。返さないで。

あなたから俺はいただいてばっかで何も恩返しができませんでした。
すみません。
俺、頑張ります。見ててください。

さよならアンディさん。あばよじーさん
俺の40個上のマブダチ。ヒューガルデン、うまいっすよ。

愛してます。いつかまた。では。

Hallelujah.
Andy,
I Love you.

GAKUGA THE R.O.X
額賀 一


d0022465_20464084.jpg

[PR]
# by agakun1 | 2015-12-03 21:05 | THE R.O.X | Comments(0)

UVA THE R.O.X脱退のお知らせ

d0022465_1457186.jpg


UVA THE R.O.Xが昨日をもって脱退となりました。
止むを得ない理由のためです。
喧嘩別れ等ではございません。

約1年2ヶ月の在籍となりましたが、ワンマン、GAIB2Uと共に苦楽を共にしてきました。
「黄金の第3期」と言ったように、
メンバーそれぞれがバンドのことを考えてくれるいい4人でした。
前のドラムが脱退して困ってた時に助けてくれたのは彼女でした。
その恩は今でも忘れません。本当に感謝しています。
いつもはからかってばっかだったけど
大切な可愛いメンバーでした。

湯葉子、お疲れ様でした。お前はまだ若いなんとだってなるさ、ゆばこ、思うがままに。今まで本当にありがとう。
また一緒にバンドしよう。本当にありがとうな。


別れとは辛いものです。
ここ数年、毎年メンバーの脱退があるので、リーダーとして、
理由はどうあれ責任を感じでいます。なかなかうまくいかないもんです。
本当にバンドって難しい。
なんか方法あったんじゃないかなー、とか意味ないかもしんないけど考えちゃいます。
俺がちゃんとしないと、ちゃんとしないといけません。

少し寂しくなりましたが前を向いて頑張っていきます。
それしかない、時間もない。
落ち込んでる場合ではなくて、
目の前の目標に向かって、頑張るしかありません。

後任については後日発表します。幸いにも決まっています。
今後も、THE R.O.Xの応援を何卒宜しくお願いいたします。

※どうでもいいですけどこの写真がトップだとまるで湯葉子が死んだみたいですね。
死んでませんけど。

GAKUGA THE R.O.X
[PR]
# by agakun1 | 2015-07-20 14:58 | THE R.O.X | Comments(0)

ドラゴンボールの映画をみるアラサー達

ドラゴンボールZ「復活のF」をみた。

d0022465_20574141.jpg


しかもオープンしたばっかの
新宿TOHOシネマで。

d0022465_20574264.jpg


ドラゴンボールの映画なんてもう俺たちドラゴンボールを現役で観てきた奴らに言わせりゃー、わっしょいわっしょいである。21世紀になっても観れるとは。ドラゴンボールってすげぇなぁ半分。集英社やりよるわこやつめ、である。

もう公開日までに待ちきれなくて、

オラつまらなそうすぎてワクワクすっぞ!
絶対お家の大画面でみてくれよな!

っていうくらい期待していたが、


俺が間違ったいた。

期待を超えていたのだ!!!

今まで子供の頃から
夏休み子供東映アニメ祭りとかジャンプ映画の三本立てとかで何作もドラゴンボールの映画を観てきたが、

ズバ抜けてつまらなかったのだ!!!


もともとつまらないものを見に行った期待を大いに超え、究極につまらない映画だったのである。

いやいや、所詮ジャンプ映画なんだからそんなもんだろ、なんて思うじゃないすか?

いや、これホントにつまらなかったんですよ!!!

一緒に行った藤井くんなんて

カネよりワクワクを返して欲しい、

なんて名言が生まれるくらいつまらなかったんですよ!

フリーザ弱いんだもん!

めちゃめちゃ弱いんだもん!全然逆襲できてねーじゃねーかよ!

ドラゴンボールの魅力は悟空が勝つのは知ってるけど如何にして敵を打ち負かすか、全てはここに詰まっているはずなのにフリーザ様が弱いのである。あの全宇宙最強の生命体、フリーザ様が弱いのである。

いやいや、所詮ジャンプ映画なんだからそんなもんだろ、なんて思うじゃないすか?


いや、これホントにつまらなかったんですよ!!!


もうなんつーんすかね。

これホントにつまらなかったんですよ!!!まじで!


俺はこの映画を観た後、ふと家に帰ると空虚感に襲われた。
だって今年これ以上、この作品を超えるつまらない映画にあえないと考えると寂しくなってきたのだ。
この作品を超えるつまらない映画。
3年に一度でるかでないかのダメ映画…。

淋しい。もっとつまらない映画に会いたい。


いやいや、所詮ジャンプ映画なんだからそんなもんだろ、なんて思うじゃないすか?


いや、これホントにつまらなかったんですからね!ほんと!





























d0022465_2133836.jpg


おっす!オラ悟空!
つまらなかっただろ!



うるせー!馬鹿!
大好きドラゴンボール!!!!




[PR]
# by agakun1 | 2015-05-13 20:41 | Comments(0)

永遠に続くもの、ロックンロール。

前回までのあらすじ
元ビートルズ71歳のきまぐれ英国じじいは2014年突然の公演の中止を発表。
振り回されたガクガは懲りずにじじいの来日を心待ちにしていた。


d0022465_21181948.jpg



「マタイクヨー」
「きたなじじい、たけーよバーカ!」
そしてじじいの来日が決まった。



というわけでこれで通算3回目。
またポールマッカートニーを見ることができた。嬉しくて仕方がない。
幸せ者なので「楽しい」って感情はよくあるけど、やはりこの「嬉しい」という感情は格別である。
一生記憶に残る忘れられない日になった。いい歳こいてスキップスキップランランランである。

「バンドオンザラン」はなぜかいつも泣く。泣く曲じゃないのに、
「恋することのもどかしさ」相変わらずもどかしくて仕方ない。
「ヘイジュード」は相変わらず高くてしっかりコールアンドレスポンスできない。

もっとかっこよく難しく弾くことができるギターソロはわざわざ原曲のまま弾いてくれる。
俺たちが聞きたいのはそれなんです、ってことをよくわかってくれている。

少し会社を早く切り上げて、昔ビートルズ大好きだった禿げたおっさんたちの同窓会。こんなのを見るのが俺は大好きなのである。前日とか絶対ビートルズ聴いてるんだぜ?すげーバカで最高。俺も聴いてたけど。

ポールを初めて見たのは19歳の秋。
あの頃は当然暇な大学生で
「うわー!リーマンばっかだぜ!10代なんて俺たちだけなんじゃねー?ギャハハハ」なんて笑ってた俺たちが、
この日似たような奴らがいた。
あれは19歳の俺だった。少年よ、オッちゃんだって君達みたいな時があったんだぞはっはっは。


ビートルズに出会っていなかったら、ビートルズがこの世にいなかったらきっとつまんない人間になってたと思います。
今でも幼馴染の元ロックス木村雄一郎の家で聞いた「back in the USSR」を聞いた日のことが忘れられません。
あの頃と気持ちは同じ。ロックンロールへの、音楽への忠誠心は今でも変わりません。あの頃と同じです。
これはもはや宗教に近い。

ポール、あなたに出会えて本当によかったです。
きっとあなたが死ぬまで俺のことなんて知らないと思いますけどあなたへの一方的な忠誠心は今でも変わりません。


次会えるかどうか知りませんが、
いつかまた。どこかで。

永遠に続くもの、
それがロックンロール。

[PR]
# by agakun1 | 2015-04-28 21:10 | Comments(0)

【読んでください】21歳から書き始めたブログも10周年。暑苦しい文章ですが10年間を振り返ってみたり。

タイトルはまんまです。10年経ちました。

書いたり書かなかったり、超不定期ですけどもブログを書き始めて10年が経ちました。
最初はブログ全盛期でみんなブログやっててじゃあ俺も的なテンションでやってたら
みんな辞めてやんのおいこらてめーらコラー。

なにやってたっけ10年間。ってことで、
あえてブログを追わずに振り返ってみよう。

◯2005年→22歳
・大学4年キューバに行く。
・地元でYOUGA SUMMER FESTIVAL を企画・開催

◯2006年→23歳
・卒業旅行で沖縄に無賃で行ってバイトして帰ってくる。死にかける。
・社会人になる。

◯2007年→24歳
・年末に会社辞めてアメリカに行く。
・夏に半袖で富士山登って頂上でFUJI ROCK開催。死ぬかと思った。
・小説を書き始める。

◯2008年→25歳
・アメリカから帰ってきて金なくて今の会社に就職

◯2009年→26歳
・夏。ノリでTHE R.O.X結成
・小説が校了する。

◯2010年→27歳
・THE R.O.X 田園都市線ツアー完遂
え?こんだけ?あれ、覚えてねえなあ。

◯2011年→28歳
・27歳で死ななかった
・あんま記憶ないからクソ働いてたと思う。

◯2012年→29歳
・山下が結婚する。
・クアトロが決まる。

◯2013年→30歳
・「全自腹ロックフェス THE R.O.Xtock Festival 2013
  これが儚き夢ならばロックンロールに魂を捧ぐ
  君の世界を変えたいワールドツアー」開催。

 死んでもいいと思った。生きててよかったって思った。
 忘れられない人生最大の年。シラフじゃ生きてけなくなる。

◯2014年→31歳
・反動で人生最悪の年だった。
(自分以上に周りのやつらが不幸だらけだった)

◯2015年4月7日→32歳になる年
なぜかカレー作りにはまる。
これで俺のライフスタイル→音楽、映画観賞、演劇鑑賞、野球観戦、
フィギュア集め、カレー作り、


我ながらなかなか退屈しない人生送ってます。好き勝手生きてるなあ、と。
まさかブログ始めた時にガチでバンド始めてるなんて思わなかっただろうな。
人生って面白いよな、ほんと。なにが起こるかわからないってほんとこのことだ。

ジョニーラモーンが死んだ時に言った言葉で
「人生の成功と失敗を仲間の数で決めるなら、私の人生は成功したと言えるだろう」
なんて言ってるけど、この言葉が本当だったら俺のこの10年は大成功だ。
そりゃ多少の後悔はあるけど、
やってきたことはなにも間違ってない。周りの馬鹿どものおかげで大成功である。
人生なんて出会いと別れの連続ですが、出会いの方がいいことを覚えておきたいです。
すべての今まで出会った方々、最近毎日のように遊んでくれてるみんなに感謝。

大事なあなた方がいるから、俺は毎日楽しいんです。
大事なあなた方が頑張れと言ってくれるから、俺は無茶できるんです。
大事なあなた方が相手してくれるから、俺は暇しないんです。
大事なあなた方がいるから、大事なあなた方ともっと楽しい事したくなるんです。
大事なあなた方が喜んでくれるから、俺はもっと喜ばせたいです。
大事なあなたといると、すごく楽しいのです、僕は。
愛してるぞ愛さざるえないぞお前ら。

その情熱の先がたまたまバンドだっただけです。
THE R.O.Xというパンクロックバンドだっただけの話です。
(みんな勝手にファミリーにしてごめんね。)

といちいち毎回暑苦しいことをいうのはもうお前らわかってんだろオルァ。




・・・・・・・・・・・・というわけでここで興ざめですが宣伝しときます。

-----------------------------------------------
9月12日(土)
六本木スーパーデラックスで
GAIB2Uを開催します。

GAIB2U 2nd Coming

THE R.O.X
daikanyama oukoku
and more.....TBA !

all live act performed by alive painting akiko nakayama.
-----------------------------------------------

ぜひお越しください。
っとここは軽く宣伝しておきます。

10年後、もっと面白いモン見せろよ、ロックス!
まさか今の俺には想像もつかないような10年を過ごしますように。

前も言いましたけど35歳までにTHE R.O.Xが「なんとなく」の形になっていないと
やめようと思っています。その気持ちは変わってません。
その「なんとなく」がなんなのか、はわかりませんけどね。
辞める前提じゃなくて、一つの期限として、リミット決めないと燃えないからです。
さらっさらやめるつもりじゃないです。「リミット」を設けるためです。
燃えます。すごく燃えます。
あと3年半駆け抜けます。あと三年半であなたの、きみの好きなものに
「THE R.O.X」という言葉が加わりますように。
精一杯頑張ろうと思います。まさかお前らみたいなカスバンドが
日本武道館でライブやるとは思わなかったよ、って言えますように。心から。

俺の、馬鹿どもの、仲間達の幸せを心から祈って、
11年目を迎える「いずれ分かるよお前にも」
今後とも何卒よろしくお願い致します。

あと、この9月12日が成功したら、
来年THE R.O.Xtock Festival2016を開催します。
クアトロよりでかい箱で、「やる」って決めたんすよ。
っとサラっと宣言しときます。

全てはこの一瞬の輝きのために!
また世界える!

いつでもパンクでいよう。わけわかんないことして
自分がすげーとか勘違いをしよう。
ではまた会おう馬鹿どもよ。愛してるぞ。

めいっぱいの愛と革命的情熱を込めて。
君たちを抱擁する。


10周年を迎えた俺のブログ「いずれ分かるよお前にも」
馬鹿どもの幸せを祈って。神様、是非。
4月7日 (火)
額賀 一 A.K.A GAKUGA THE R.O.X

[PR]
# by agakun1 | 2015-04-07 22:33 | 僕の哲学。 | Comments(1)

ブログさぼってた。あけましておめでとうございます(おいおい)

そいや、ブログさぼってました。すみません。
今年初のブログ更新です。あけましておめでとうございます。
なんだそりゃ。

というわけで、
2015年のTHE R.O.Xは2月7日、ヘブンズドアにて、
GAIB2U を開催。
来場135名を達成いたしました。すごくいい出だしです。
我ながらいいスタートを切れたと思います。
ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。
新曲3曲、

「WowWowWowWow Yeah」
「GAIB2U」
「Hey Mr. DJ !(Everybody Guitarman)」

もおかげさまで大好評です。
早くレコーディングしたいな。

そして今、仙台にいます。
傷だらけの東北かと思いきや、今仙台は東京より元気です。
いろいろ思うところは深いです。
この時期にこれて本当によかったです。
7泊8日一人みちのく、です。
ギターを持ってホテルで曲を作っています。
こちらも次のライブで披露できればと思います。

そして、「GAIB2U 2nd coming」の開催も9月に決まりました。
いろいろ盛り上がってきました。
THE R.O.X 頑張ってます。
期待に応えられるよう、努力あるのみ。

これからちょくちょくブログかきますので見捨てないでください。

では。

仙台にて 
2015年3月14日

[PR]
# by agakun1 | 2015-03-14 17:56 | THE R.O.X | Comments(0)

今年もありがとうございました。もっとまじめになろう。

愛する皆様

今年も誠にありがとうございました。

たくさんの人と呑んで騒いでギター弾いて唄ってというのは
欠けがいのないことである。
感謝である。

たくさんの方々にお礼をいいたいです。
いつもありがとう。
そして、たくさんの方々に謝りたいです。
いつもごめんなさい。

イベントとかいろいろの仕事は今年も無難に終わりました。

あいかわらず口だけ妖怪だなあーと。
いろんな人にいっておいて俺は結局なにも来年へ残すことをできませんでした。
たくさんの仲間たちに吹聴しやがってふざけんな馬鹿野郎です。
力のなさ、企画力のなさ、プレゼンテーション能力のなさです。すべては。
ことごとく企画が実現できず、ほんとうに悔しかったです。
なにもできなかったです。

バンドはいいことがありました。
新しいメンバーが入ってくれたことです。
これは本当にうれしいです。いまのメンバーが大好きです。
ありがとう花石、さとけん、ゆばこ。サポートしてくれたしんくん、かずま。

でもワンマンは負けました。
アルバムも出せませんでした。

不言実行がかっこいいのですが、ついついビッグマウスっちゃいます。
もう少し考えた方がいいと思います。

まじめに、冷静に、過信せず。

すすめるということは責任が伴う、ましてや仕事でもない、
やりたくてやっているのだから。
さんざん夢見させといて失礼に値します。
ふざけんな、ばーか。です。


というのが反省です。

あと友達。
みんないつもありがとう。
いつでもどこでもツイートみたいにはなせるみんなのおかげでなんとか頑張れています。
音楽関係のみんなにも助けられたなあと。
なら恩返ししないと
絶対に楽しんでもらわないと。
ちゃんとやらんと
じゃないとだめな子なんだからだめな子脱却しようぜ。


ちゃんとやらんとちゃんとやらんとなあ、
もはやこれは何回もいっててかっこわるいけど。

いったらやる、それがすべてだと思います。
なので

来年の目標は
「言ったらやる」でいきます。



それでは皆さん、来年もこの唄が、あなたの心に永遠に流れ続けますように。

LIFE!ライフ!


もしも此の世に君の世界を変えるパンクロックがあるとしたなら俺は喜んでその唄を唄うであろう。


ではよいお年を。
[PR]
# by agakun1 | 2014-12-31 19:54 | THE R.O.X | Comments(0)

連載小説:これが儚き夢ならばロックンロールに魂を捧ぐ 第18回

あんなに死ぬと思っていたが、結局死ぬ気配が無い。
あと二週間以内に死ぬのだろうか?成功もした。ロックも
した。スターにもなった。家族も作った。オレはもうこの世
に未練など微塵も残していなかったつもりだった。本当に
今はハッピーだ。きっとここは天国だ。
 オレの愛した女と、愛した女と作ったガキとこうして誰に
邪魔されることも無く海に来ている。オレの中でハッピー
は最高潮に達していることを確信している。そんなことを
考えていると、コートニーがガキと戻ってきた。オレ達は三
人でなんてことない喫茶店に入った。なんてことないパス
タを食べると、ガキは眠りに入った。
「大きくなったな」ふと、思ったことをそのまま口にした。
「そうね、この子ももう、七歳ですもの」
 ラッキーストライクに火をつけた。
あらためてコートニーの顔をみると出会った頃のあの美し
さは今でも変わらない。本当に美しいオレの大好きな、愛
するコートニー。そんなことを思っていると、コートニーは
口を開いた。
「ねえアカル、あなた今でも二十七歳で死ぬ気なの?」
 コートニーとこの話をするときはいつでも彼女は怪訝な
顔をする。オレが世界で一番彼女にして欲しくない顔。そ
れがこの顔。
「ああ。今でも変らねえ。死ぬだろ」「そう」
 コートニーは目をあわせようとしない。
「私、あなたと出会った頃を思い出してたの。あなたと出
会ったとき同じ質問を私はしたわ。でも七年経っても、あ
なたの答えは変らないようね」
 コートニーと出会った頃。あの時オレは二十歳。コート
ニーも二十歳。あの時オレは自分が結婚して、子供がい
ることなんて想像もつかなかった。そして、ロックスターに
なっていることだけは確信していて、思い通りにロックス
ターになった。コートニーはどうしてオレと結婚してくれた
のだろう?ふと、オレはそんな疑問が過ぎった。オレは初
めて出会ったあの居酒屋で君に恋をした。
 オレのことを否定した女など、今までいなかった。皆、オ
レに対しては馬鹿なことを言っている変な奴としか見てい
なかったが、彼女はあの日、オレのことを完全に否定し
た。オレは腹が立った。オレの人生を否定された。でもオ
レはそんな彼女に魅かれた。でもコートニーはどうしてオ
レと付き合って、結婚までしてくれたのだろう?
「なあ、コートニーお前はどうしてオレを選んだんだ?」
コートニーはガキの頭を優しい手つきで撫でながら、俺に
こう答えた。
「死んでほしく無いからよ」
そう言うと彼女はタバコに火を点けるとフーッと一息。
「私はあなたの音楽が大好きよ。私はずっとあなたのファ
ンだった。今でもそう。私はあなたのファン。今でも私はス
テージに立っているあなたに恋をしてるわ。あなたは本当
に馬鹿で悲しい人。でもあなたは私のロックスターで私の
パートナー。私はあなたに死んで欲しくない。ロックンロー
ルスターのアカルに死んでほしくない。私のパートナーの
アカルにも死んでほしくない。死があなたの信じる運命だ
としたら、私は運命なんて信じない。神様なんて信じな
い。いつまでもいつまでもあなたはステージに立って、
ロックして、いつまでもいつまでも、ずっと私達と一緒にい
てほしい。私はそう思っている」
 俺はコートニーとまともに目を合わせることができなかっ
た。大好きな彼女は俺に死んでほしくないという。それが
例え運命だとしても。
「でもさ、アカル」「ん?」
「もし死ななかったらどうするの?自殺するの?カートのよ
うに」
 初めてコートニーに出会ったあの居酒屋で、コートニー
は同じ質問を俺にした。
 その頃の俺は迷わずこう答えた。
「大丈夫だ。二十七歳と三百六十四日目まで生きてた
ら、その日に自殺してやるよ。ライフルを口に入れて
バーーーーン!とね」
バーーーンと自殺。バーーーンっとね。
[PR]
# by agakun1 | 2014-12-26 13:04 | フリーペーパーPinhead連載小説 | Comments(0)