ルー・リードに思いを寄せて


d0022465_1425194.jpg

ルー・リードが死んだ。
早起きした朝、Twitterがヤフーより早く教えてくれた。
そんなもん知りたくねえよ。

ルー・リードは詩人だった。
語りかけるように詩を唄う。
時に悲しく陰湿なサウンド、ストーリー仕立てのドラマ、
トラディショナルなロックからポストロックへの理解まで、
生粋のニューヨーカーサウンドでしょ。

ワイルドサイドにいっちまったよルー・リード
内田裕也に殴られたことがあるルー・リード

もちろんショックだったけどもちろん当たり前に会社へ行く。
ショックで寝込む、、わけではない。
でもロクなことがなかった。
気分はホント微妙だ。
前も書いたけど、ロックスターは人間じゃない、と勝手に思っている。
ロックスターはロックスターという生物なので、
無敵の生物のはずだった。

この日本では、
死んだってその日だけヤフーニュースに載るだけで、
ワイドショーも大して騒がないし、
当たり前の誰だって行きたくない月曜日は進みます。
僕もその中の一人である。

でも、気分は微妙です。
どちらかっていえば厭な気分だ。
やだなー、ホント、死なないでくれよ。

なんて言っても無駄なのはもちろん理解している。

次は誰だ?ディランか?ニールヤングか?ポールか?ボウイか?
んなもん止めておくれよ。
[PR]
by agakun1 | 2013-10-29 01:44 | 小話。
<< ポール・マッカートニーを観た。... あの頃PM PARK >>