額賀一此の世に生を受けて30年目、ついに血液型がわかる(前編)

d0022465_2323787.png



「わーーー!●●ちゃんってB型なんだー!あーたしかにーわかるー
●●くんはほんとA型っぽいよねー」

「えーじゃあ額賀はー?」




























知らねえよ。



そう、俺は30年間生きてきて血液型を知らなかった。
なのでこんな会話のときは置いてけぼりである。

だって測ってないんだもん。


なんで生まれたときに測んない打よ母ちゃん
なんてツッコミをいれてられるが知らないんだもん。しょうがないじゃん。
そもそもなー人の性格を4つに分けるなんて時点でおかしいんだよ、
まったくプゲラだよプゲラ。けっ!くだらねー!


なんて言ってますが今だから言います。



























正直知りたかったです。


というわけで今年の会社の健康診断に血液検査が加わったので
ついに血液型が分かるみたいです。
果たして!?











続く!

[PR]
by agakun1 | 2014-04-29 23:23 | 小話。
<< 連続ブログも一週間。もはやなに... 連載小説:これが儚き夢ならばロ... >>