JAM FES 2014のスタッフさんに敬意を。花束を贈りたいです。

d0022465_2335532.png


JAM FES2014とは…


2011年に産声を上げたJAM FES。混沌の渦の中、
無事(?)2011年(48時間)2012年(72時間)2013年(100時間)と
最後の瞬間まで音が途切れる事なくフィナーレを迎えられました。
そして2014年のJAM FESは会場を新宿JAMだけではなく、
新宿NINE SPICESにまで規模を広げ
100時間に渡り音が連続で鳴り響くイベントへと挑戦していきます。
コンセプトはいたってシンプル。
100時間連続ライブを掲げ、2会場往来自由のイベントです。
参加してくれる全ての出演者とお客様とでゴールデンウィークを謳歌だ。
「ゴールデンウィークはJAMで過ごしましょう!」
(公式サイトより)


だそうです。
いうは易しとは言うが、
これ、よく考えるとほんとうに狂ったイベントだと思うのです。

だってさー、
THE R.O.Xが出演したのは3日前の22時、
そのあと多治見くんと呑んでヘベレケになって寝て起きて、
家で野球観てたときも

一方その頃、新宿JAMでは・・・
音は鳴り続けていた…。

d0022465_2373831.jpg

(イメージ図)

その日は所用で軽井沢旅行に行けなかったのですんげー暇だったんで
朝までメジャーリーグ中継を観ていたんだけど。

そんなときでも

一方その頃、新宿JAMでは
鳴り続けていた…!


d0022465_2381649.jpg

(イメージ図)


その次の日起きて
あ、二子玉いかなきゃって歩いて、
帰りに喫茶 居桂詩に寄った後も。

一方その頃、新宿JAMでは
鳴り続けていた…!!!


d0022465_2385431.jpg



そう、いまこれを書いている時だって
まだ新宿JAMでは鳴り続けている。

いまから寝て明日起きてもまだやっている。



これは本当にすごいことだと思うんだ。

ジャムフェスのスタッフさん、
このフェスにでれたことを誇りに思います。
本当にありがとうございました。

そして、明日のこの時間くらいまででしょうか?

本当に頑張ってください!


心から敬意を。そして花束を贈りたいです。

[PR]
by agakun1 | 2014-05-05 23:10 | 小話。
<< ラジオスターの悲劇、その原因は妄想。 JAM FES 2014ありが... >>