友達と音楽

友達はなんとなく音楽と似ていると思うのは俺だけだろうか。

音楽ってほら、あのときめっちゃあのバンド、あの曲聴いてて

もうあのバンドがあれば他の音楽なんていらねーんじゃねー?

なんて一瞬思う時期とかも若いとあったりしてさ、

でも、今思うと全く聞かなくなっちゃったんだよね。

俺ならHR/HMかなー。メタリカとかメガデスとかスラッシュメタルに始まり

ブレットとかエンペラーとかシンフォニックとか聞いてて一時期ビートルズなんてどこ吹く風。

みたいな感じで毎日聴いて本当にはまってた。

今思うとなんであんなに毎日聞いていたんだろう?

それと同じで友達もやたら会いまくって一緒に毎日酒呑んでたのに、

数年経てばもう、あー最近あってねーなーってこと多い。

呑み屋に二、三年前は毎日のように出入りしてたのに

今は月に一回か二回、どーせあそこ行けばだれかいるだろー、的なことをみんな思ってて、

気づけば毎週みんな集まっていた。

そりゃみんな仕事とかライフスタイルがあっていろいろな理由が混じり合って

集まんなくなったんだと思う。

逆に言うと皆のライフスタイルがしっかりと合っていて毎晩呑んでいたんだと思うんだ。

そのライフスタイルの中で欠けがいのない友人や尊敬できる人に会えた。

毎日毎日呑みまくっていた。

今思うとなんであんなに毎日集まって呑んでたんだろう?

っと思うのだが、

今、スリップノット聞いてもかっこいいと思うし、

今、君にあっても楽しいと思う。

なんらあの頃と変わらない。

またあの曲を聞けば、また君に会えば、楽しいのです。

つまり楽しかったんです。

これを思うのは俺だけかもしれないけど人の付き合いは必ず変わる。

別に悲観しているわけではない。それが時流なのである。

(その変わる中でも常に会っている方々、いつも本当にありがとう)

今年出会った親愛なる友人達にも敬意を払うくらい楽しい毎日を送らせて頂いている。

今年であった音楽にも敬意を払うくらい楽しい気分にさせてくれる。

ここ数年数ヶ月合っていない昔毎日会っていた友人達、

また君に会いたいなあ、ってふと思いました。

まーゆーても全然会わなくてもいいんです。

基本的にテキトーに頑張ってると思うから。

本当に会いたくなったら電話一本かければホラもう会えた、ですがな。

そう考えるとソーシャル社会も悪くねーんじゃねえかな?

昔なんて連絡とりたくてもとれないんだからさ。

皆のお陰で音楽のお陰で毎日楽しいです。

ところで全然関係ないですけど、ディランのテンペスト聞いてるんですけど

これすごくいいですね。


[PR]
by agakun1 | 2014-06-06 00:49 | 僕の哲学。
<< Dream is OVERの意味 Tポイントカードで家を建ててみたい >>