2016年映画鑑賞記録【劇場編】16~30本目

劇場編16~30本目まで!行ってみよう!

16.デッドプール directed by ティム・ミラー 84

待ちに待ったデッドプール!これは「つまらないわけがなかった」ヒーロー映画の常識を破る映画。アンチヒーロー映画として、MARVELの単発映画ではこれが一番面白かった。次点アントマン、その次ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、ってとこだ。はやくアベンジャーズに参加してほしいけど、デッドプールってXmen側なんだよね。大人の事情で参加できるかは不明だけど、ここはひとつ、ファンの希望をかなえてくださいよマーベルさん。


17.TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ directed by 宮藤官九郎 81

宮藤官九郎の映画は実は全部見てることにきずいた。好きならしい。ロックとバカの映画なんてそりゃ俺にはもってこいの映画である。クドカンの映画って最初はすんげー面白いけど、最後の方はただバカ騒ぎして尻すぼんでいくのが多かったけど、この映画は最後まで十分に楽しませてくれた。長瀬はほんとうにいい役者だ。ただ、クライマックスをもっと膨らませてほしかった。まあいいけど。


18.インディペンデンスデイ リサージェンス directed by ローランド・エメリッヒ 18

もうね、ほんと最高によくできた予告編を見て、わくわく止まんなかったのに

よくも裏切ってくれましたよコイツ。予告編の出来なら100点満点。本編最悪。

一番楽しみにしてた破壊シーンとか予告編で全部見せてたのかよ・・・・。

俺の映画の見方って、期待に応えるか応えないか、ってとこなんですよ。

つまんなそうな映画もつまんなそうだな、っていう期待があるから、つまんなくてもよかったのであって。「21世紀のVFXの技術を使ってインデペンデンスデイ作ったら絶対に面白い」って期待を見事に裏切ってくれました。ストーリーも観たかった「強いアメリカ」「WE ARE No.1」っていうアメリカナイズが観たかったのに・・・。馬鹿だなあアメリカ、ってのがこの映画の一番いいところなはずなのに、、、全くない・・・・。なにが恐ろしいって続編がありそうなところ。やめとけよ。次は観ないよ・・・・。


19.イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ@シネマドギャンゲット directed by バンクシー

いよいよ始まった映画館企画。自主で公開してやりました。

月一はちょっと大変なので来年からまた始めます。映画好き冥利につきますよ、ほんと、この企画。


20.シング・ストリート directed by ジョン・カーニー 94

2016年劇場公開作品で暫定No.2,少年だから持っているあの衝動、青春時代の美しさ、もろさ、無謀さ、全てが詰まっている。すばらしい。「ああああ!かっこつけてぇええ!」「なんかいろいろめんどくせえ」というティーンズ独特の空気感があふれんばかりの衝動で再現されている。子どものころから仲良かったあいつと、もう一度会ってこの映画を観たくなった。DVDなったら絶対に買う。手元に置いておきたい。監督、素晴らしい映画をありがとうございます。


21.シン・ゴジラ directed by 庵野秀明 77

話題のシン・ゴジラ当然観ました。予告編見たときから、これはやばそうだ、と思ってた。ゴジラと言えば平成ゴジラシリーズ「モスラ」「キングギドラ」等、観てまして、ゲームとかもやってて懐かしいなあ、と。観に行ったら全然違うのね。主役は政府。ゴジラは人類の脅威。これは個人的な意見なんだけど、なんでも震災に絡めるのはあんまり好きじゃないんだよね、あと庵野監督はすぐに謎の伏線メッセージとか好きでラストシーンもいかにもネットで騒ぎそうなシーンがあったんだけど、「そういうのゴジラにいらない」ってのが思うところ。子どもでも楽しめる映画がゴジラだと思ってます。

とは言いつつも、ドラマとしてものすごく面白かった。


22.月世界旅行@シネマドギャンゲット directedby ジョルジュ・メリエス

メリエスが夢見た月の世界。116年前に作られたたった15分の宇旅行。

夢しかない。それだけでいい。自主上映するとまたこの映画に対する愛が深まるってもんだ。


22.君の名は diredcted by 新海誠 74

2016年の最大のヒット作。青春ラブコメ、っていうものは個人的にすごく好きなので面白かった。甘酸っぱかった。

売れてるものに非難したい、とかそういうのではないんだけど、

非の打ち所がないストーリーだし、映像もものすごくきれいだし、「完璧」といえば「完璧」な映画だった。

けど、俺は「時をかける少女」の方が面白かったと思う。ストーリーも、話の展開も。

これは完全に趣味の範囲なので、意見として、です。好きな人怒らないでね。


23.スーサイド・スクアッド directed by デビッドエアー 23

これもインデペンデンスデイと同じ。よくできた予告編・・・。DCコミックスの映画ってどうも駄目だなあ・・・。バットマンVSスーパーマンも期待以上ではなかったしなあ・・・。この映画何がだめって、「悪役の集まりがチームを組んだアンチヒーローアウトローチームの結成」のはずなのに、「あんまり悪役感がない」「単なるヒーローの集まり」じゃあそりゃつまらないよ。折角最強にパンチのあるハーレークインなんてぶっ飛びキャラがいて、ジャレッド・レトの新ジョーカーもいい感じですごくよかったのに・・・。脚本がまじで最低。適当すぎだろ・・・。あと音楽も誰でも知ってるロックミュージックかければいいってもんじゃないのでは・・・。きっと続編ができそうだけど、辞めといたほうがいいと思う・・・。


24.怒り directed by 李相日 81

李相日監督の作品と言えば妻夫木と深津絵里の悪人やら、同じく妻夫木くんの「69」やらフラガールやら、と名作揃い。今回も「悪人」に続く吉田修一の「怒り」。

出演する役者も日本の名優達のオンパレード。なんて豪華なんでしょう、ほくほくで観に行きました。

今回はその中でも広瀬すず、ってすげえんだな、と、やられました。

いや、最近やたら出てて単なるアイドルかと思ってたんですけど、すごいわ。すごい。

ストーリーは超ざっくりいうと3つのストーリーの中の一人が殺人犯、って話なんですけどつまんなく言うと3つのうち2つがどうでもいい話ってことになる(観客がもっとも興味を示すところで考えると)っと聞くとあれですけど他の二つの話もいろいろあります、愛とか疑うとか信じる、とか。詳細は他のレビューサイトでどうぞ。とりあえず広瀬すず、すごかった。


25.タクシードライバー @立川シネマシティ「良音映画祭」directed by マーティン・スコセッシ

永遠の名作ですね。シネマシティの超良音で観れて本当によかった。

映画界で一番狂った悪のヒーローはトラヴィス・ビックルだぜ。


26.星くず兄弟の伝説@テアトル新宿「観ずに死ねるかシネマ」directed by 手塚眞

この一年は星くず兄弟に思いを馳せました。特別な気持ちがこの映画にはやはりあります。
今年はさらにそれが深まりました。永遠。


27.料理人ガストン・アクリオ美食を超えた美味しい革命 @シネマドギャンゲット directed by パトリシア・ペレズ 70

この手のドキュメンタリー映画って観ると疲れちゃう、って思ってたけど、

編集がいいのかテンポがいいのかあっという間に見終わってしまった。

これがまたレストランで観るってとこがまた良かったよ。来年からまた始めますね。シネマド。


28.グッバイサマーdirected by ミシェル・ゴンドリー 84

ミシェルゴンドリ―と言えば、映像美。エターナルサンシャインや各種MVをはじめいくつもの素晴らしい映像作品を残してきてくれた俺も大好きな監督である。ってことで今回はそんなゴンドリー監督の青春ロードムービーが新作なんて聞けばそれは行くわ。インディーズ感のある映像、独特の音楽センスですっかり自分が登場人物の一人かと思うくらい入ってしまった。すごくよかった。もう一回みたい。


29.オーバーフェンス directed by 山下敦弘 71点

佐藤泰志、函館3部作の最終章。ダメ人間withアンダーグラウンドジャパンの最終章である。オダジョーのダメ人間がはまりすぎである。そこのみにて、の綾野剛もよかったが。このなんでもない日常にある日突然起こるちょっとした奇跡と、逃げたくても絶対に逃げられない現実、という邦画ならではの面白さ、ってここにあると思うんだよね。だからこういうのすごく好き。最後もよかったし。あと「花とアリス」の時もそうだったけど蒼井優が踊ると見入ちゃうよね。


30.湯を沸かすほどの熱い愛 directed by 中野量太 68点

「病気モノ映画」ってのは昔から観客を泣かせにかかってるからまず泣くことはない。

って思ってました。泣きませんでした。が、すごく良い話すぎだった。

ただ、です。いい話すぎるいい話が2時間の中に何個も詰まりすぎていて、ちょっと疲れる。これ、ストーリー減らすか、3時間にするかのどちらかにした方がいい気が・・・。

2時間で短いいい話が何個も続くと・・・。とは言いたくなったけどすごくいい映画です。

2016年「母親と観れる映画NO.1」賞を授与します。




年末だ!映画どんどん観るぞー!だれか面白い映画を教えてください。


by agakun1 | 2016-11-25 23:45 | 映画みまくる
<< 拝啓 映画の師、アンディ 殿 2016年映画記録その71~96本 >>