<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

またまた君は「死ぬ」というのか?まあ僕もだけど。


       「誰か教えてくれ!死ぬほど知りたい!!!!」


 といった前回、、、、ついに結論が出ました。
 偉大なる友人と話し合い結論に達したのです。
 

 「あー死ぬ。マジ死ぬわー」

 「死ぬほど疲れたぁああぁぁあ・・・・」

 「死ぬほど好き。」

 「死んでもそんなことしない。」

 「死ぬほどだるい。」



 とありますが、この「死ぬほど」という言葉はどうやら
 本当の「死」では無い模様です。
 つまり置き換えると

 「死ぬほど疲れた」
 
    は

 「めっちゃ疲れた。」でも良いのです。




 「死ぬほど好き」

    も

 「めっちゃ好き」で良いのです。




 ではなぜ「死ぬほど」というのか?
 
 それは「死」という概念こそ最上級に値するからなのです。

 どんなものを表現するときも「死ぬほど」こそオーバートークした表現はないのでは?


 日常生活で「死」が使われるのは身近であり、そして
 最強恐怖の存在 として私達の周りにはいるのですよ。

 それほど「死」は不思議何やナ。


 あーすっきりした。死ぬほどすっきりした。




 
[PR]
by agakun1 | 2006-12-17 17:20 | 僕の哲学。

また君は「死ぬ」というのか?まあ僕もだけど。



 「あー死ぬ。マジ死ぬわー」


 「ふざけんな!死ね!」


 「死ぬほど疲れたぁああぁぁあ・・・・」


 「死ぬほど好き。」


 「死んでもそんなことしない。」

 
 「死ぬほどだるい。」



 よく聞きませんか?こういう言葉?

 僕もよく言っちゃいます。そしてよく聞きます。


今日も電車でありました。


田園都市線は混みます、めちゃめちゃ混みます。



僕「今日もだるいなぁ満員電車。」

後ろの人「うわ!死ぬ!!!!まじ混んでる!!!」



やっぱり言います。多分一日一回は自分で言うか、他人から聞きます。



 いや、別にいいんですよ。僕だって言いますから。


 でも不思議ですよね?なんで「死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ」言うのでしょうか?


 僕の人生振り返ってみれば・・・・・・・・・



 「死ぬかと思った」
 と思ったのはせいぜい2~3回。

 
大袈裟な表現が好きなだけでしょうか?



 「死ぬ!」



 「死ぬ!!」



 「死ぬ!!!」



 だれか教えてください。死ぬほど知りたいです。
[PR]
by agakun1 | 2006-12-14 21:31 | 僕の哲学。

あれから一年・・・・・・ということで未公開シーン公開。

やあみなさん。
ということでキューバから一年たったので
未公開シーンを公開します。
適当にブログなわけじゃあありませんぜッケエケッケ・・・・・・・・・



d0022465_21424519.jpg

出発。河口君と僕です。













d0022465_21431791.jpg

成田に着いたぞ。











d0022465_214414100.jpg

バンクーバもよりました。(13時間)










d0022465_21445216.jpg

荷物待ち。早く来い。














d0022465_21452940.jpg

やっと着いた。ホテール
















d0022465_21462169.jpg

ゲバーラ!


d0022465_21464911.jpg

ゲバーララ!


d0022465_21472164.jpg

なぜかSLIPKNOT










d0022465_21481219.jpg

いい笑顔だ。







d0022465_21484154.jpg

博物館。










d0022465_21491113.jpg

バーン!












d0022465_2149365.jpg

基地だ!










d0022465_2150849.jpg

バナナと僕。









d0022465_2151183.jpg

帰り。寒い。








d0022465_21513412.jpg

バイバイキューバ










        おしまい。適当すぎ?
[PR]
by agakun1 | 2006-12-12 21:52 | 小話。

「額賀一の摩天楼」

            

                  摩天楼

       東京の高層ビルディング

       東京のネオン街

       渋谷、新宿、池袋、

       それが僕らの摩天楼

       なんてかっこいい言葉だろうか

       こんなカッコイイものが東京にあるなんて
   
       摩天楼

       人間は自然には勝てないというけれど

       闇夜のヘヴィロックを殺す

       東京の摩天楼

       摩天楼よ

       いつまでも輝き続けろ

       麗しの摩天楼

       美しき摩天楼

       すばらしき摩天楼







解説:「摩天楼」という言葉に感銘をうけた。
    ネオンは光をはなち我々を昼の世界に誘う。
    なぜかこの「摩天楼」という言葉にハマってしまった
    ので詩でも書いてみた。「摩天楼」はやばすぎる。
    
[PR]
by agakun1 | 2006-12-04 21:55 | 額賀一は詩を詠う。

この世で一番強い動物が何か考えたことがありますか?


 「この世で一番強い動物は何か?」

とかゆう疑問もったことありませんか?


僕は最近この疑問がありすぎて 飯も喉を通りません

なんなのでしょうか?







d0022465_22512037.jpg

おそろしいパワーをもつゴリラでしょうか?










d0022465_22552294.jpg

百獣の王ライオンでしょうか?










d0022465_2302776.jpg

じつは象でしょうか?











d0022465_2322817.jpg

それとも突進力でサイ?






友人達に聞くとゴリラ、サイ、象、などが多かったです。
カバの可能性もあるかもしれません、



でもどうしても
誰もが納得いく
「確かに!これが最強だ!」とおもえる動物がいないのです。残念です。



それとも我々人間でしょうか?

人間は頭が良い動物です道具を使わせたら人間は世界で最強の位置にいることは間違いありません。


しかし、もし道具を使わなかったら人間はどうでしょうか?

つまり、素手で戦うのです。

たとえば私、額賀はどの動物に「絶対に」勝てるでしょうか?


ゴリラには負けます。
ライオンには負けます。
ゾウには負けます。
サイにも負けます。
カバにも負けます。
トラにも負けます。
チーターには負けます。
ジャッカルには負けます。
オラウータンには負けます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と上げていくとなかなか絶対に勝てる動物というのは

ねずみ等踏める程度の動物のみなのです。



地球上は我々人類が支配しているというのに

   「人間弱い。」


この世の動物の弱いランキングで下から数えたほうがはやいのです。


どうです?いかに人間が頭に頼っているかわかりませんか?
[PR]
by agakun1 | 2006-12-02 23:15 | 小話。