<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おじいちゃんハッピーバースデー。

ポールさんがハピバならしいんで
祝っておきます。
つーか早くこいよ馬鹿!
またきかせてくれよ。お願いだからさ。
[PR]
by agakun1 | 2014-06-18 21:46

THE R.O.Xの歌詞備忘録①:一緒に夢を超える友達の唄

おい!更新しろよへたれ!

なんか歌詞ができたんで備忘録みたいな感じで書いとこうと思う。
最近の口癖をのせて、昔から創りたかった友達の唄である。
友情の歌詞を引用し、おれなりの解釈を加えたロックンロールソングである。
つまりは友情である。(メロはまだないのでこんな感じの曲というレベル)

以下。


題:一緒に夢を超える友達の唄


ドリームイズオーバーは夢は終わったではない。
夢を超えるである。


私は君の鏡になるから。
君が自信を失くしたときに君がどれだけすごい人か見せてあげるから
私は君の鏡になる。

なぜなら君は友達だから。

もしも君が川で溺れていたら
橋になるよ。
苦しんでいたときに君を救ってあげたい。

なぜなら君は友達だから。

トーキョーは狂ってるし
マンチェスターはつまんないし
ニューヨークシティはたいしたことないし。
嗚呼つまんねーってときには君らに会いたい。

もしも君が苦しくて倒れてたら
そしたら君を救ってあげたい。

なぜならそれはお互いさまだから。

夢を超える友達だから。

いくぞ馬鹿ども、
夢は越えたんだからな。

[PR]
by agakun1 | 2014-06-18 04:19 | THE R.O.Xの歌詞備忘録

「風呂上がりの夜空に」読む

d0022465_61643.jpg

d0022465_616515.jpg

d0022465_61664.jpg

d0022465_616950.jpg

d0022465_6161052.jpg




巷ではテルマエロマエ効果で風呂屋が流行ってるらしいが、
俺も違う影響で風呂屋に行きたくなった。

小林じんこ著
「風呂上りの夜空に」である。

作品は『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、
1984年から1987年まで連載され、コミックスは全5巻が発刊されたマンガである。裏ではアキラが連載していたようである。うわあ、そんな時代かー。

俺がまだガキの頃に連載していたマンガで全然知らなかったけど
ご近所の友人が貸してくれたので読んでみました。



あらすじ
「某高等学校」の新入生松井辰吉と、彼を慕って某高等学校に入学してきた花室もえが主人公。
この2人の恋愛を軸に、個性豊かな多数の登場人物と、流行の音楽・ファッションがちりばめられており、
当時の2歩も3歩も先を行く高校生活が描かれていた。(wikipediaより)



そう。青春、である。
青春小説を自分で書くくらい青春ものがすきな俺にとってこの漫画はジャストミート。
二人を中心としたキャラ立ちした脇役たち。
はっきり言って主人公がいなくても普通に話は進みそうなくらいキャラが立ってます。

バブルも崩壊する前でソ連も崩壊する前の昭和末。麗しの80年代。
高校生の男女。

しかし、単なるラブコメにあらず、
基本1話完結で終わるこの物語は常時どこか統一されたダウンビートが鳴り響く。どんな激しい話があってもリセットされ次の話にいく。

もちろん基本はラブコメなので、
おいおい!そこ行けよ!バカ!なんてマンガに叫びたくなるようなお約束は健在だが、
えーーーーーそれで終わりかよーー!?なんていう不条理話もチラホラする。
さらには歴史を先読みしたりするとこもあったりして、たまにヒロインもえがサラッと言う一言がグッときたりもする。

そして巻を追うにつれ今まであった話の一つ一つが生きてきて、
感動的なクライマックスを迎えます。
(オチとかそういったものは言うと野暮なので「感動的」と言っておきます)

昔のマンガって5巻やそこらで完結できる作品が多いと思う。
最近なんて5巻なんてまだ序盤も序盤。(まー大人の事情もあるが)
読み終わった後にもっとやってほしいな、
もっとみたいなあ感があるこの作品はきっと良作です。


更新サボってました。すみません。
[PR]
by agakun1 | 2014-06-15 06:01

silly silly silly

まぬけ!
[PR]
by agakun1 | 2014-06-11 01:23

新たな冒険

今日決めました。たぶん万が一です。
でもやってみる価値はあると思っています。
[PR]
by agakun1 | 2014-06-08 00:28

Dream is OVERの意味

新コーナー
ロックスターの名言を勝手に解釈する
「THE R.O.X的解釈」
わーぱちぱち。第一回はこれ!



夢は終わった。

とジョンはGODという曲で言った。

それは違うよ。ジョン。
いや邦訳が間違っていると思うよ。

DREAM IS OVER

わったではない。

えた。です。


自分が思う描く以上の未来が待っていたということなのではないでしょうか?
そうあって欲しいです。

だから運命の一捻りを信じてみよう。
じゃないか寿命の短い儚き夢なのだから。
もう少しでまた大変なことになる予感がある。

いうならゲームオーバー
はゲームをえた。です。


だから親愛なる友よ。
頑張ろうじゃないか。
えたんだから。



[PR]
by agakun1 | 2014-06-07 01:38 | THE R.O.X 的解釈

友達と音楽

友達はなんとなく音楽と似ていると思うのは俺だけだろうか。

音楽ってほら、あのときめっちゃあのバンド、あの曲聴いてて

もうあのバンドがあれば他の音楽なんていらねーんじゃねー?

なんて一瞬思う時期とかも若いとあったりしてさ、

でも、今思うと全く聞かなくなっちゃったんだよね。

俺ならHR/HMかなー。メタリカとかメガデスとかスラッシュメタルに始まり

ブレットとかエンペラーとかシンフォニックとか聞いてて一時期ビートルズなんてどこ吹く風。

みたいな感じで毎日聴いて本当にはまってた。

今思うとなんであんなに毎日聞いていたんだろう?

それと同じで友達もやたら会いまくって一緒に毎日酒呑んでたのに、

数年経てばもう、あー最近あってねーなーってこと多い。

呑み屋に二、三年前は毎日のように出入りしてたのに

今は月に一回か二回、どーせあそこ行けばだれかいるだろー、的なことをみんな思ってて、

気づけば毎週みんな集まっていた。

そりゃみんな仕事とかライフスタイルがあっていろいろな理由が混じり合って

集まんなくなったんだと思う。

逆に言うと皆のライフスタイルがしっかりと合っていて毎晩呑んでいたんだと思うんだ。

そのライフスタイルの中で欠けがいのない友人や尊敬できる人に会えた。

毎日毎日呑みまくっていた。

今思うとなんであんなに毎日集まって呑んでたんだろう?

っと思うのだが、

今、スリップノット聞いてもかっこいいと思うし、

今、君にあっても楽しいと思う。

なんらあの頃と変わらない。

またあの曲を聞けば、また君に会えば、楽しいのです。

つまり楽しかったんです。

これを思うのは俺だけかもしれないけど人の付き合いは必ず変わる。

別に悲観しているわけではない。それが時流なのである。

(その変わる中でも常に会っている方々、いつも本当にありがとう)

今年出会った親愛なる友人達にも敬意を払うくらい楽しい毎日を送らせて頂いている。

今年であった音楽にも敬意を払うくらい楽しい気分にさせてくれる。

ここ数年数ヶ月合っていない昔毎日会っていた友人達、

また君に会いたいなあ、ってふと思いました。

まーゆーても全然会わなくてもいいんです。

基本的にテキトーに頑張ってると思うから。

本当に会いたくなったら電話一本かければホラもう会えた、ですがな。

そう考えるとソーシャル社会も悪くねーんじゃねえかな?

昔なんて連絡とりたくてもとれないんだからさ。

皆のお陰で音楽のお陰で毎日楽しいです。

ところで全然関係ないですけど、ディランのテンペスト聞いてるんですけど

これすごくいいですね。


[PR]
by agakun1 | 2014-06-06 00:49 | 僕の哲学。

Tポイントカードで家を建ててみたい

d0022465_22370417.jpg
「Tポイントカードはお持ちですか?」

会社の近くの赤坂のファミマで毎日のように言われる。
財布からだすと100円につき1ポイント加算される仕組みである。
TSUTAYAにはじまりこのTポイントカードは非常に便利で様々な場所で使える優れものである。

たまに使ってしまうので
現在99ポイントである。

しかしこのTポイントで

家を建てることができないだろうか?

と思った人間は世界広しといえどもなかなかいないはずである。


世田谷区で一軒家を持つことを考えて

1億円の家とする。


つまり、ファミリーマートやTSUTAYAで沢山レンタルをして

100億円
の買い物をしなくてはいけないのである。

これはなかなか至難の技である。
いくら音楽や映画が好きでも
いくらコンビニがコンビニエンスでもなかなかこの金字塔を築くことはできますまい。

CDなら400万枚分である。
これはグリーンデイのウォーニングを全部一人で買い占めたくらいである。

100円レンタルで映画を借りたら
1億作の映画が見ることが出来る。
そんなに映画ってあるのか?


ジャンプなら
5億冊買える。

これを買ってやっと
100,000,000ポイントたまるのである。

もはやここまでいくと
財布に軽く入れることができなくなる。

コンビニの店員すら怪しんでしまう。
バイトが客のポイント残高みて
100,000,000ポイントあったらどうおもう?
ヘタしたら襲われるぜ?


というか




























そもそも
Tポイントで不動産を買うことができるのか?

というそもそも論にたどり着くのだ。


また今日もくだらないことを書いてしまった・・・。






[PR]
by agakun1 | 2014-06-04 22:37

サッカーワールドカップ優勝国予想

d0022465_223818100.jpg



ネタがないので季節ネタでアクセス数を稼ぐ魂胆だ。しかし、どこが強い、とか全然知らない。たぶんブラジルは強いだろう。
日本は無理だろう、ということはなんとなくわかる。どこが強いとかも調べるのがめんどくさいので省略。
なんとなくで今出場国をみてみた。
たぶんブラジルとかアルゼンチンとか強いのだろうが、
俺の予想はこの国だ。























どう考えても

アメリカ合衆国である。




はっきり言ってそれ以外考えられない。



なぜなら

俺たちナンバーワンだからである。

d0022465_22395469.jpg




以上。
アメリカコソセカイデモットモスグレタミンゾクだからである。
アメリカースゴーイ
オレタチサイキョー
アメリカーナンバーワン!!!


追伸
日本戦の時、渋谷にいる方は気をつけてください。馬鹿どもがうかれているので。


では。
[PR]
by agakun1 | 2014-06-03 22:29

Get Back

Get Back
Get Back
そうだあの頃へ帰ろう。
あの輝かしかったあの頃へ。

なんて全くもって思わない。
今だって今が最高だと常に思うようにしている、というか思っている。
強がってるわけでもなく全く思わない。

昔もこんなこと言ってたと思うけど
それは今でもかわんないや。

だってそんなこといいだしたらきりがなし。そりゃあの時ああしとけばよかったなぁ、って思うことは死ぬほどあるけど、そんなこと言ったってしょうがないじゃないか。結局数年後もあーあの頃っていーよなーって思うんだからね。

だから常に最高なのである。
眠くて辛くて不条理だけども、
それでもいいじゃないか。
それこそ人生そのものじゃないか。

どんなことがあろうが
怒りで過去をかえりみるな。
ヘイジュード元気だせよ。
悲しい歌もたまにはえーやないかい。

最近、こんなんばっかだなあ。
更新頑張ります。
[PR]
by agakun1 | 2014-06-02 22:38