<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2016年映画記録その61~70

5月19日現在。映画119本突破。いい感じであるがレビューが追いつかない。
とりあえず10本ずつ書いていこう。
書きたい、という意味でも映画を見ています。
SNSの一言二言ばっか書いていると文章表現力が落ちる。


61.男はソレを我慢できない directed by 信藤三雄 (2006年) 52点
女はソレを我慢できない、って昔かつてのロックスターたちが
一同に出演した映画が60年代にヒットしたようだが、それのパロでしょう、なんて思って観た。
まだ泥くさかった下北が舞台となっていて、寅さん他オマージュが強い。
ただストーリーがそうでもないのでまあまあ楽しめる映画だった。
中村達也の演技に注目である。


62.ウォームボディーズ directed by ジョナサン・レヴィン (2013年) 79点
「ゾンビラブコメディ」なんて一見聞くとくだらなすぎて見る気がしなくなるかもしれないけど、
ちょっと待ってくれ、と。
ネタが出尽くしたかのように見えたゾンビ映画に一括を入れる革命的ゾンビ映画の誕生である。
ネタバレのない範囲で言っておきますが、まずゾンビ目線の映画なのである。
ゾンビ目線=銃を持つ人間は敵、という構図となるのである。
そして何よりゾンビの男と人間の女が徐々に信頼関係が成り立っていく、
オチもあり。かなりの良作である。グロいシーンも少ないので女性の方もどうぞ。


63.シュレック directed by アンドリュー・アダムソン(2001年) 69点
どうもアニメと実写の映画は比較がしづらく、点数は何となくこれくらい、であろうかと。
シュレックの何がいいって、まず当然ストーリーがいい、ってとこ。
あと何よりもいいのはやっぱ音楽だよね。いいアレンジを加えてあってかっこいいのなんのって。
これならサントラ買ってもいいレベルにかっこいい。
シリーズ第一弾。シュレック彼女ができる。


64.ションベンライダー directed by 相米慎二 (1983年) 43点
愛する永瀬正敏のデビュー作なら見るしかなし、何てて思ってみたが、
感想は。「何だこりゃ」の一言である。
まず何でこんなカメラカットにしたのか訳のわからないロングショットが多い。
特に序盤。どいつがどいつなのか途中までわからなかった。
物語も繋がってるんだか繋がっていないんだか、全くもって訳がわからないのである。
高校生3人の青春ストーリーを期待していた俺は、
実はプレイヤーの再生ボタンを押した瞬間に完全に置いてけぼりにされていたのである。
なんて映画なんだ。ビックリした。ただこんな手法もあるのな、とは思った。映画って色々あるなあ。


65.ローリングサンダー directed by ジェフリン(1977年)78点
復讐の話。でも復讐は復讐を呼ぶ。あいつがやったから俺たちは復讐したまで、
終わらない。復讐の恐ろしさ。この後主人公は報復に遭うのだろう。
目に見える。そんな恐怖を考えた。でも家族が、愛する誰かが殺されたら
誰だって殺した相手を殺したくなるだろう。怖い映画だった。


66.トレインスポッティング directed by ロブライナー (1996年) 92点
祝!TOMATO PROJECT 20th ANNIVERSARY!!!ということで2年ぶりくらいに見た。
見れば見るほどスタイリッシュでかっこいい。さすがトマト。
永遠のアンセム。そしてついに2を製作中ならしい。これはやばい。
ヤクはダメだよダメ絶対。ミニシアターの走りだよな。青春だよ。


67.小野寺の弟 小野寺の姉 directed by 西田征史(2012年) 71点
これぞ、日本映画の良さがキラリと光る映画だと思う。日本映画は予算がないんだから
ドッカンバッカンの映画なんて無理なんだよ。VFXには限界があるよ。
だから日本映画はこういうほのぼのなんでもない日常の中にどこか奇跡がある、というのが一番面白いし刺さるんですよ。
マジでそう思う。こういう映画をどんどん作るべき。むしろ昔はそういうのばっかだった。
変にハリウーに影響されるな。君は君でいいじゃないか。


68.シュレック2 directed by アンドリューアダムソン (2004年) 79点
はいきました。2です。結婚しました。モンスター。
やっぱり音楽がいい。そこに尽きる。もちろんハッピーエンド。最高かよ。
ちなみに当時タイタニックの次に興行成績をあげたのがこの映画。面白いよー。特に吹き替えがいいんだよ。マジで。
この手のアニメは全て吹き替えで見る派なんですよ俺。


69.ディナーラッシュdirected byボブジラルディ (2000年) 75点
衝撃の最後とはこのことだろう。バッドエンドでもないとこがいいよね。村田昂揚くん、面白い映画をありがとう。
とりあえず腹減る。美味しそう。でも主人公の彼女がかなり・・・・・・・あれだと思う。まあ、いいや。はっはっは。


70.チャイナタウン directed by ロマンポランスキー (1975年) 76点
ロマンポランスキーはアメリカに二度と入国ができない。難民監督。
奥さんのシャロンステートがチャールズマンソンに殺されたのは有名な話。
というのが前提で知ってて、友達のギター屋さんの佐々木さんに教えてもらった映画。
やっぱり探偵ものは面白いよね。ホンっト最高。
ちなみに日本で一番かっこいい探偵は私立探偵濱マイクです。


面白い映画に飢えてます。もっともっと面白い映画を観たいです。死ぬほど見たいです。
[PR]
by agakun1 | 2016-05-20 01:25 | 映画みまくる